命と向き合う事。大切な命を扱う産婦人科の看護師として働く心構え

務める医院によって仕事内容も変わります

一口に産婦人科の看護師といっても大きな総合病院などにある産婦人科に勤めるか、産婦人科のみの専門クリニックに勤めるかによっても特徴が異なってくるものです。

例えば大きな病院の中の一つの科である産婦人科病棟でしたら、昨今の少子化に伴って出産も少ない傾向にあり、産科以外の婦人科のお仕事のほうが多いという病院も少なくありませんし、場合によっては産婦人科病棟自体も他の科と混合病棟になっているというケースがあります。

産婦人科でなければ味わうことが出来ない喜び

産婦人科の看護師として働く一番の魅力は、命の誕生に立ち会うことができるというところでしょう。婦人科として女性の手助けをするお仕事もそうですが、やはり産科として新しい命と向き合うことが産婦人科の魅力であり、一番のやりがいでもあります。

産婦人科医も助産師も、そして産婦人科に勤める看護師も小さな命を守るために日々奮闘しています。デリケートな命なのでその扱いには苦労することもたくさんありますが、無事に誕生する感動というのは産婦人科でなければ味わうことができません。

ただし、その小さな命が全て望まれて生まれてくるものでも、健康に生まれてくるものでもないことも、産婦人科の看護師として働く心構えとして知っておく必要があります。

専門的な知識とスキルを身につけましょう

また他の科のように疾患で来院する方だけではないので、健康なかたの看護のしかたも産婦人科の看護師として働く心構えとして身につける必要があります。
戸惑うこともあるでしょうが、産婦人科ならではの専門的な看護のスキルを磨くことができるのは魅力の一つでもあるでしょう。

それに産婦人科に勤めることで自分の将来の妊娠出産のための知識も仕入れることができますし予行演習にもなります。同じ女性が患者ということでより寄り添った看護を意識してやりがいも生まれてくるでしょう。

産婦人科というのは新しい命というポジティブな力に溢れている職場です。産婦人科の看護師として働く心構えとして、このエネルギーを患者と共に喜び合える空間を作ってあげる仕事ができるようになってください。