産婦人科の苦労話!私が実際に体験した産婦人科の苦労話について

産婦人科で働いて、数年が経ちました。産婦人科で働くということはけっこう大変なことで、体力勝負な所があります。実際に体験した苦労話から先輩看護師から聞いたお話などをいくつかご紹介したいと思います。

産婦人科の苦労話 その1、時間の自由が効かない

私が実際に体験した、産婦人科の苦労話はやはり急な仕事に対応しなければならないことです。出産を主に扱うのが産婦人科での仕事なので、急に仕事が舞い込んでくることが何度も何度もあります。

出産というのは時間を問わず起こることなので、深夜になったり早朝になったりと、結構大変な仕事です。職場の皆さんとお話していると結構時間に融通が効かないというのが、産婦人科の苦労話みたいです。

産婦人科の苦労話 その2、人間関係の問題

後は、その産婦人科の先生と折り合いが合わなかったりという話も結構耳にします。私はそんなことはないのですが、先輩の産婦人科の看護師が先生と折り合いがつかないでやめてしまいました。私はその人をすごく信頼していたので、辞めていった時は凄くショックでした。特に産婦人科の先生というのは俗にいう「曲者」のような先生が多いのも産婦人科の苦労話です。

嫌なことだけじゃない、産婦人科の魅力

ここまで産婦人科の苦労話を紹介しましたが、嫌なことよりも圧倒的にいいことの方が多い仕事だと思います。出産の現場に立ち会うことができるので、出産がどういうものかを知ることが出来ます。

私はまだ子供がいないのですが、こういう風に出産するんだということを知ることが出来ました。これは産婦人科で働いている人じゃなきゃわからないことだと思いますし、非常に勉強になりました。これから結婚をして出産すると思うのですが、心構えなども出来ましたし、女性なら良い職場だなと感じています。

まとめ

産婦人科の苦労話はこれまで紹介したような事が主だと思います。
これから産婦人科で働いてみたいような人は参考にしてください。

しかし気をつけなければならないのは、その地域や病院によって変わってきますし、そこの先生によっても変わってきます。すべて同じ産婦人科ではないので、自分が働きたい産婦人科のことを事前に調べて、それから求人に応募した方がいいと思います。