看護師を辞めたいという気持ちに素直になりましょう

仕事を辞めたいというのは誰しもが考える事ですが、看護師は特にそうかもしれません。勤務時間が交代制だったりして不規則になりがちなのです。確かに夜中の勤務は給料も良いのですが、その代わりプライベートな時間を失う事になってしまいます。夜眠れないのだから当然ながら寝るのは日中という事になります。そうなると時間感覚が狂って、健康上問題が出てくる可能性もあるのです。実際体調を崩したという看護師も大勢いるのでしょう。

いえ、私は健康そのものですから、そんな事になりませんという感じでしょうか。確かにそうかも知れませんが、時間を犠牲にしている事は認めざるを得ないはずです。年頃の女性ともなると、彼氏と一緒にどこかにデートにでも行きたいと考えるものですが、それもかなり難しくなってしまいます。合間の時間を見つけて、何とかという感じでしょうか。しかし、その様な無理をした関係だと長続きしなくなってしまいます。もし看護師では無くて、それ以外の仕事だったらこんな事にはならなかったのにという愚痴が聞こえてきそうです。

あなたが看護師の仕事を辞めたいと思ったのなら、それを実行する事をお勧めします。嫌々やっていては患者さんに対しても失礼でしょうし、自分にとっても良くありません。後になってもう一度やりたくなったら、復帰すればいいだけの話です。別につらい状況で耐え続ける事が素晴らしいという訳ではないのです。

仕事を辞めたいと考え始めているのなら、それは既に自分自身のSOSなのです。それを受け入れた方が良いのではと思えてなりません。ただ、一時的な体調不良という可能性もあるので、1ヶ月くらいは様子を見ても良いでしょう。それでも改善の兆しが無いとなると、その時は一旦離職する事を検討しましょう。大好きな人と過ごす時間を確保できれば心にも余裕が生まれるはずです。とにかくまずは休む事、それを意識すべきでしょう。自分の健康を大切にする事を軽視してはいけません。