命と向き合える産婦人科のお仕事の素晴らしさ

昨今は少子化の時代と言われて久しいですが、毎日のように新しい命がどこかの病院で誕生しています。高齢化社会になっているので子供はとても貴重なのです。我が子は宝物といっている人の話をよく聞きますが本当にその通りです。これからの日本の未来を担うのは新たに生まれてくる赤ん坊たちなのです。そういった赤ちゃんは非常に大切なのですが、その誕生の瞬間に何回も立ち会ったことのある人間は少ないでしょう。

病院に勤務しているような看護師・助産師でなければなかなか見られない光景だからです。しかし一度でも赤ちゃんが産道を通って生まれてくる姿を見たことのある人なら、その生命の尊さを体感するはずです。この世界に新しい命が生まれたという事実を目の当たりにすると人間は感動してしまう生き物なのです。このような出産に関わる仕事をする人はみな、仕事に対して誇りを持っていきています。人は出産なくしてこの世に現れることはできません。したがって病院の出産は誰もが人生で一度は通過する厳かな儀式なのです。産婦人科の魅力はここにあるのです。出産も大切ですが、妊娠から出産までのケアを担当する産婦人科の役割も同じように大切です。

妊娠しても安定期に入るまでは流産の可能性があるので、妊婦は食事に気をつけたり体をケアする必要があります。そういった妊婦に関わる大事な仕事を任されるのが産婦人科のクリニックです。エコーで赤ん坊の様子を見たりしてして様々なアドバイスを妊婦に与え、出産の時まで赤ちゃんが守られるように気を配ります。最近は、仕事に対してやりがいを求める時代になっており、看護師の間でも産婦人科の魅力を知って希望する人が増えてきています。産婦人科の魅力には、命の誕生と真剣に向き合うことができること、そしてそこに喜びや感動が多く味わうチャンスがあることが挙げられます。

産婦人科の魅力を知って働いている人は、これまで生まれてきた赤ちゃんに対して大きな役割を果たしているので、仕事に対してのモチベーションが高いことで有名です。赤ちゃんは妊婦だけでなく、病院で働いている全ての人たちの助けによってこの世に誕生するのです。