産科と婦人科が組み合わさったのが産婦人科

赤ちゃんを元気に産んでもらう所が産婦人科だとばかり思っている看護師もいるようですが、それだけがお仕事ではありません。産科と婦人科の両方を兼ね備えている診療科ですから、出産以外の病気についても扱っているのが普通です。セットで呼ばれているので、定着している感がありますが、元々は別の存在だったという事は憶えていてください。

婦人科では女性ならではの疾患について扱います。主に子宮や卵巣に関連する病気ですね。特別これらの病気が増加しているという訳ではありませんが、ある一定の割合でそうなってしまう訳ですから、その人達の治療をする事になります。大抵の場合、予後は良好ですから、そういう意味では安心できるかなぁと思います。やはり直ぐ近くで患者さんが苦しんでいる姿を見たくはないという看護師は多いですからね。

とにかく産科と婦人科はそれぞれに仕事内容が異なっているという事を理解しましょう。一括りにしてしまうと思わぬ勘違いが生じてしまい、それが患者さんにとっての不利益に繋がるかもしれないので気をつけなくてはいけません。

産婦人科では、病気の治療や予防のために様々な検査を行っていますので、看護師にとっての仕事の半分以上が検査のお手伝いをするという事になります。これらはそれなりに面倒ではあるのですが、だからと言って適当な気持ちでこなそうなどと思ってはいけません。一見すると元気そうに見える患者さんであっても、体の内側がどうなっているかなど分からないからです。自分のミスが命取りになるかもしれないという事を常々から意識して行動をしなければいけません。

その様な緊張状態に置かれがちな産婦人科ですが、出産の瞬間の喜びに立ち会えるという事もあって志望する看護師の人数が非常に多いのが特徴です。この頃は少子化ですから、そのような機会も少なくなる傾向があり、需給のギャップが中々埋まらないのが現状となっていますので、早めの就職活動をした方が良いでしょう。