産婦人科の魅力は他の科とは多少異なります。

看護師は人の役に立つ非常にやりがいがある仕事なので魅力的に感じる人が多いのではないでしょうか。どの科に配属されても人の手助けをするということに変わりはありません。基本的には病気の患者さんの手助けをするのですが産婦人科に限っては少し違ってきます。産婦人科の魅力は何といっても、新しい命の誕生を手助けすることができることです。病気の患者さんが元気になっていく姿を間近で見られるのも嬉しいことですが、それに負けず劣らず新しい命の誕生を見ることができるのは喜ばしいことです。

産婦人科の魅力を惹かれて産婦人科の看護師を目指す人が年々増えています。仕事の大変さはどこに配属されても大きく変わりませんが、産婦人科は残業が比較的少なくプライベートも充実しやすくなります。また残業が少ないので結婚後も働きやすい環境と言えます。このように働きやすい環境が産婦人科の魅力の一つなのかもしれません。産婦人科の看護師は基本的に女性になります。同じ女性なので妊婦さんの気持ちが分かるのも働きやすい要因ではないでしょうか。他の配属先では病気を理解しているつもりでも実際に体験していないので本当の辛さは分かりません。しかし産婦人科は出産経験がある看護師では気持ちを完全に理解することができます。

また出産経験のない若い看護師でも今後出産する可能性が高いので、妊婦さんの気持ちを理解しやすいのです。やはり相手の気持ちを理解することで適格な看護ができ、達成した時の喜びは倍増します。多くの看護師は無事に出産を終えると自分のことのように喜んでいます。明るい気持ちになれるのも産婦人科の魅力です。しかし頻度は少ないですが無事に出産できないケースもあります。このような時は自分のことのように悲しい気持ちになります。そして2度とこのような体験をしないように努力し日々成長します。必ずしも無事に出産できるとは限らないので新しい命が無事に誕生した瞬間は喜びが大きいのです。病気と同じでどんなに看護師や医師が努力をしても良い結果になるとは限りません。それでも努力するのが看護師なのです。