産婦人科の魅力が強いから続けられる

産婦人科は圧倒的に女性の医師やスタッフが多い科ですね。もちろん男性のスタッフもいますが。他の科と比べるとどうしても女性多めになるんでしょうね。女性にとっての出産ということは大きな関心事だし、女性が選択することが多いのはよくわかります。出産というかなり特殊な出来事、またおめでたい瞬間に立ち会えるということで希望する医師や看護師、スタッフが多いようです。産婦人科の魅力って大きいんでしょう。

産婦人科は周産期医療、不妊治療など幅広く学べるので選ぶ人もいますね。外科的要素、内科的要素、精神科的要素などいろんな分野の要素が組み合わさった分野なのでその分野で挑みたいという意欲的なスタッフもいますね。新しい命の誕生にかかわることができる、母親や家族のサポートをしていくことにやりがいを感じる、といった点が産婦人科の魅力ですね。

もちろん仕事は結構ハードで大変らしいので甘い考えでは続かないでしょうね。もっと楽な仕事がいいとか当直のすくない科がいいとかいう声ももちろんありますよ。ただやはり出産の感動や赤ちゃんを抱っこしているお母さん、お父さんの姿を見ているとやりがいがあるからまた頑張ろう、もっと勉強しよう、みたいに思うんでしょうね。真面目な人たちですね。献身的な人たちがいないと成り立たないでしょうね。

もちろん幸運、幸福な出産ばかりではなくて、流産や死産もあるし、先天的な異常がお子さんに見つかったときの親御さんのショックを支えないといけないし、自分自身が落ち込むこともあるし、気持ちを切り替えて仕事に臨むのが大変なときもありえます。仕事はハードだし責任は重たいけど、やりがいや意義の大きさに惹かれて産婦人科を選択するようですね。患者として産婦人科を選ぶんだったら、よく検討してからでないとヘンな病院だと本当に大変なので周囲の評判とか病院の設備とかよく検討してから選ぶほうがいいでしょうね。産婦人科の魅力でどれだけ持ちこたえられるのかわかんないですしね。