産婦人科苦労話とやりがいについて働きました

産婦人科というと、みなさんはどういう事を思いうかべますでしょうか?きっと多くの方は産婦人科というと最近は少子化も進んでいて内科等の病院と比べてかなり苦しい状態にあるというイメージがあるかと思います。

確かに産婦人科はみなさんが思っているように内科医などと比べてもかなりリスクがあるのは確かです。しかも、少子化が進んでいるので産婦人科にやってくる人は昔よりも確実に減少しています。

ですから、医者が医者として働こうと思った時はどうしても産婦人科医になるよりはずっとリスクがない内科医等になる傾向にあります。

でも、そういう方もただリスクを背負いたくないという理由だけでこの医者として働かないという選択をしないで欲しいと思います。確かにはお産の時に残念ながら事故で亡くなってしまうケースも少なからずあります。

ですが、それで両親に訴えられる事を恐れて内科医等に逃げてしまっているようでは本当の意味で医者としての使命を果たしているとは言えないです。

本当の医者としてのありようというのはリスクや少子化の影響でお金儲けができないという事を理由に内科医などになろうという風に考えないで欲しいです。

なぜなら、新しい命をこの世に誕生させる医者というのは内科医以上に医者としての本分を大事にする医者だと思うからです。確かに上記にあるように明らかにお産にはリスクがあるのは明らかですが、それでも新しい命を授かった時の両親の笑顔を見るのが好きでそれで医者として働く医者がいるのも事実です。

そして、お産を助ける医者の良い点は他の医者とは違って患者が病気になって苦しい思いをしてやって来るのとは違って新しい命をこの世に誕生させるのが仕事ですので、明らかに患者の喜ぶ姿を多く見る事ができる医者です。

ですから、あまりマイナスのイメージを持たずに高尚な仕事をするのがこの仕事だと思って働くようにして欲しいと思います。少なくとも私はそう思ってます。