ハローワークやナースセンターで産婦人科へ転職

看護師の方の仕事は多岐に渡り、一般病棟から訪問看護ステーション、さらには産婦人科など様々なものがあります。こうした職場環境はただ働く場所や福利厚生が異なるというだけでなく、看護の方針やスキルなどが全く異なるので、正しくキャリアデザインをするならば、同一のキャリアで転職を繰り返すことをおすすめします。

しかし、一般病棟や特定養護老人ホームなどは各エリアに十分な求人があるのですが、産婦人科の場合は数が限られてるので、必ずしも転居先で求人が見つかる訳ではありません。そのため民間の転職支援サイトや求人情報誌などをいくら見ても産婦人科の求人が見つからないということもあるのですが、その際におすすめなのがエリア毎に強いネットワークを持つナースセンターやハローワークを利用することです。ハローワークは一般の方にも馴染み深いのでご存知の方も多いでしょうが、ナースセンターはあまり耳馴染みのない言葉かも知れません。

ナースセンターとは各都道府県の看護師協会が運営する看護師の転職支援ネットワークで、再就職者への研修や実習、さらには求人の紹介などを行っています。こうしたナースセンターやハローワークは民間の看護師転職サイトには掲載されていないような情報も載っているので、産婦人科など絶対数が少ない求人を閲覧する際には非常に便利なものとなっています。そのため移住や転居など様々なケースで再就職先を探す際にはこうしたナースセンターを十分に活用して転職先を探すことが重要です。

もちろんこうしたナースセンターやハローワークの情報だけでなく、適宜民間の看護師求人サイトなども合わせて利用することが重要です。こうした民間のネットワークならではの非公開求人などもありますし、カウンセラーや様々な支援など公的なハローワークなどには出来ない様々なきめ細やかなサービスもあります。いずれにせよ利用出来るサービスはすべて活用して後悔のない転職を成功させてください。