産婦人科は唯一命の生まれる科です

看護師が産婦人科で働きたいという理由は、唯一病気ではなく命の生まれる現場だから、ということを聞いたことがあります。病院も診療所もどんな科であろうと、当然ながら病気や怪我の人が来るわけです。婦人科は病気の人が来ますが、産科は出産のために人のくるところですので、新しく命の誕生にかかわれるという点で、産婦人科で働きたいという看護師がいるのは納得できます。

ただ産婦人科で働きたいとは言っても、出産は夜も昼も関係なしに始まりますので大変であることは確かです。産婦人科で働きたいという看護師はそれでも同じ女性として出産の手助けができることに喜びとやりがいを感じるのでしょう。
赤ちゃんの愛らしさは身近で見たものにしかわからないかもしれません。

その意味で、産婦人科で働きたいと考え、実際に働いている看護師は自分でも出産する人が多いのではないでしょうか。仕事の場で赤ちゃんの世話をし、幸せそうなお母さんたちを見ているのですから、産婦人科で働きたいというだけでなく、ぜひ自分もと看護師が思うことは自然です。

人の世話をする看護師の仕事を選び、さらに産婦人科で働きたいと思う看護師は、人間の女性としての本能に忠実である、または感じ方が素直であると言えるかもしれません。産婦人科で働きたいと思う看護師が増えてほしいと思います。

今の日本は未婚、子どものいない人の率が高くなっていますが、結婚したくない、子どもなんて欲しくない人ばかりではないそうです。結婚したい人が結婚できて、欲しいだけ子どもを産めるような世の中になってもらいたいものです。昔は子どもを産める環境という点だけはよかったのではないでしょうか。

そうなったとき、産婦人科で働きたいと考える看護師がたくさんいて、出産する病院が少なくなって困ることのないようになればいいと思います。看護師の仕事は大変ですが、自分自身の人生も大切にして、産婦人科で働きたいと考えるだけでなく、産婦人科で出産してほしいですね。