産婦人科は、見直されてくるかも。

産婦人科は、見直されてくるかもしれません。
それはなぜかというと、最近ドラマが始まりました、透明なゆりかごとうドラマですね。
このドラマでは、産婦人科の知らない話や仕事など視聴者にわかりやすく感動的な命の話をしていました。
之のようなドラマで仕事内容に興味を持ってくれる人が多く増えてくればいいのですが人口が減少している今では、難しい話です。

大都市では、大きな病院などに吸収されたりして個人の病院も減ってきています。
田舎だともっとひどい状況で1件あるかないかの状況になっているのではないでしょうか。
書士化の影響でどんどん人口が減りつつあり結婚も高齢化しており子供を授かる状況も変わってきておりますので一概には言えませんが厳しい業界だと思います。

国や政治家がもっと力を入れて少子化に力を入れなかったばかりに子供を授かる状況は悪くなった行きますので早めに対策しなければなりません。
このままいけば新興国などのほうが産婦人科は必要になってくるので自然とそちらの国に流れていくのではないでしょうか。

確かに仕事内容はハードでしかもきつい仕事です、それでも子供の命を授かることのできる素晴らしい仕事をもっと大切にして保護していくべきなのでしょうかそれも難しい状況ですね。
あと数年後したらもっと人口は下がり、子供を産む人も減ってきていますのでこの素晴らしい仕事を真剣に考えて国に重い腰を上げてもらい対策をしてもらいたいものだと思います。

この透明なゆりかごみたいなドラマをもっと出してもらい現状を知ってもらうのが一番いいのですがやはりテレビですのでスポンサーなどの問題も出てくるでしょうから強くは言えませんね。
現場で働いたことがないので何とも言えませんが、ドラマを見ていて産婦人科の現状を知ってしまいましたので力になれたらと思う人がたくさん出てきたのではないでしょうか。
命が生まれる瞬間を助けてあげれる素晴らしい仕事だと思いますね。