産婦人科での看護師の仕事

看護師とひとくちにいっても、さまざまな科があります。外科、内科、そして各科、だいたい看護学校を卒業する頃には具体的にどの方面の科で働きたいかは決定していますが、向き不向きもありますので、実際に働いてから試行錯誤していくことも必要かも知れません。

産婦人科は好き嫌いのはっきり分かれる科かも知れませんね。赤ちゃんが誕生するというすばらしい科ではありますが、残念なことにそればかりではありませんし、婦人科の外来患者さんもいますから常に赤ちゃんばかりということもありません。
それでも新生児のほわほわの可愛い頃に毎日接することが出来るのは産婦人科のメリットのひとつともいえますね。

ただ大きな産婦人科になりますと、外来の看護師と病棟の看護師とに分かれることになりますので、病棟の看護師ですと赤ちゃんと接することも増えますが、外来だとお腹の大きなお母さんと接することがほとんどになります。赤ちゃんと関わりたいなら病棟勤務の看護師になるか、小規模な病院を選ぶ必要があります。
夜勤も勿論ありますが、夜勤のときは夜間の出産に立ち会ったり、新生児の赤ちゃんのお世話をお母さんに代わって行ったりそういったことが増えます。一般病棟の夜勤ほど忙しくはないかも知れませんが、赤ちゃんを見るという責任ある職業であることに間違いありません。

昼間はお母さんの血圧を測定したり、色々な雑務をこなしながら、たくさんいる赤ちゃんの沐浴をしたり昼間もお母さんの体調次第ではナースステーションで赤ちゃんを預かることもあります。
産まれたての赤ちゃんのケアはとても気を遣いますが、これだけ産まれたばかりの赤ちゃんに接することのできる科は他にはないでしょうから、貴重な経験ができる科ではありますね。赤ちゃんの誕生に立ち会えることも人として経験になるかとは思います。

また病院によっては、自分が妊娠、出産する場合に社員割引のようなサービスを受けることができる病院もありますので、勤務先で産むことが恥ずかしくなければ結婚した後に出産することを考えてみてもいいかも知れませんね。