産婦人科で看護師として働きたい場合

看護師になった際、どの診療科で働きたいか希望が多い人も多いかと思います。例えば、子供が好きだから小児科が良いと思ったり、手術室で手術医の助手として働きたいと言った希望もあるかと思います。
その他、病院で唯一、人が生まれる事の手助けを行う事ができる産婦人科での希望を持つ人もいる事でしょう。

これら、どこの診療科においても基本的には、看護師以外に特別な資格がないと働く事ができないといった事はありません。しかし、持っておくと重宝する資格がある事は事実です。
その中でも、産婦人科の場合持っておくと良いと言われる資格に助産師の資格があります。この助産師の資格を取る為には、助産師国家試験に合格する事が必要です。

また、助産師国家試験を受験する為には、看護師の資格を持っている事が条件となっており、その上で、指定された助産師養成校で1年以上、助産師に関わる勉強を行う事が必須になっています。
その事から、助産師になる為には、最短でも看護学校3年と助産師養成校1年とで4年学校に通う事が必要になってきます。

看護大学などの場合は、在学中に助産師に必要な知識も一緒に学ぶ事ができる所もあり、そのような場合は、大学卒業後、看護師の国家試験と助産師の国家試験を一緒に受験する事が可能になっています。
ただし、この場合は、助産師の国家試験に合格しても、看護師の国家試験に不合格であれば、助産師の資格を取得する事はできません。

助産師の中には、看護学校を卒業後、そのまま助産師の学校に進む人と、一旦、看護師として働き、その後、産婦人科への配属を希望の下、助産師の学校に通いなおす人など様々です。
その為、助産師の学校では、色々な年齢層の人が勉強に励んでおり、また違った環境で勉強する事ができるようになっています。
このように、必ず必要ではないものの産婦人科での勤務を希望する場合、持っておくと良い助産師の資格は、1年助産師の学校に通い、国家試験に合格する事で取得する事ができるのです。