小松春樹のRHB利益保証ビジネスは詐欺では無いかと噂があるが実際はどうなの?

公開日: 

アイキャッチ画像

2017年のサラリーマンの平均年収が約420万円位と言われています。
日本は長時間労働でブラックな会社もあるから大変だと言うイメージを外国人の人も思っているらしいです。

給料や労働時間に関して言うと世界的には低くないもののやはり、休みが少なく給料が低い事が社会問題にもなっています。
やっぱり日本は労働と対価が合っていないのかなと考えている時にこのオファーを発見しました。

小松春樹のRHB利益保証ビジネスです。サラリーマンの平均年収が420万円なのに対して小松春樹氏のオファーでは月収800~900万円と平均年収を大きく上回る収入を得られるというのです。
今回はこのRHB利益保証ビジネスについて調べてみました。

会社情報

会社概要

販売会社 株式会社タビト
運営統括責任者 田中雄二
所在地 東京都新宿区4-1-22

Email inafo@rhb-system.com
URL  http://rhb-system.com/lp2mb/

今回のオファーでは「作業時間が1回1分!」という何とも信じがたい言葉がありました。作業時間が1分の作業を繰り返すだけで月収が800~900万円も稼げるなら皆やります笑
利益が保証されたビジネスと小松春樹は言っていますが信じて良いのでしょうか?

プロダクトローンチと呼ばれるローンチを組んでいるので中を見てみましたが、第1話からすり込みを意識した動画構成もあってこれを見た人は「稼げるかもしれない!!」と感じてしまうかもしれません。
洗脳を感じるようなローンチ動画は危険です。

人間は思い込みが激しいので一度思ってしまうと自分に都合の良いようにとらえてしまいがちです。こうしたローンチ動画は客観的に観るよう癖をつけましょう。
そうしないと悪質な詐欺師に騙されてしまいますよ。

RHB利益保証ビジネスってバイナリーオプションなの(不安)・・?

頭を抱える

動画を観ている限りではバイナリーではないかと予想されます。
バイナリーオプションはFXと比べて作業時間が短い事から情報商材の中でも「短時間で稼げる!」系ビジネスの代表的な謳い文句です。

しかし、今回の小松春樹のRHB利益保証ビジネスでは過剰な表現をしています。

そもそも・・・

バイナリーオプションは・・・・・・

100%稼げるなんて考えられません!!

バイナリーオプションは自動ツールなどを使って安定して稼ぐと言うデマが回った事もあってこのようなオファーが一時期流行りました。

しかも、凄くわかりにくいところに特商法があって
*「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保障したものではございません。」

と表記されています。

裏切られた画像

また・・・・
そのパターンなんですね・・・

再現性100%って嘘じゃん・・・・
そう思ってしまいました。

これってかなり悪どいと思いませんか?

一方では再現性100%!!!
と言っておきながらもう片方では

否定する画像

個人差があるので保証はしないと言われて「それでもやりたい!」という人はいるでしょうか?
そんな人がいたら止めてあげましょう。

それからさらに調べを進めるとバックエンドに高額塾の影を見つけたのでここで調査を終了しました。コレ系統のビジネスのバックエンドって高額塾が本当に多いです。
確かにネットビジネスを長く継続してやるならスキルを身につけるのが一番良いですが、高額塾で設定されている金額はちょっと高すぎます。

ツール購入なども合わせると平気で200万位かかりますからね。
そんな大金をかけなくてもビジネスを学ぶことはできますし、「初期費用だから仕方ない・・・」なんて考えずに「高い!!」「本当にここで勉強するべきか?」と考える癖をつけましょう。

ただ、相手もそれを考えさせないようなテクニックを使って来る事もあるのでそうしたテクニックがあると言う事を知っておく必要はあります。

小松春樹のRHB利益保証ビジネスの評価は?

小松春樹のRHB利益保証ビジネスの評価は?

バイナリーオプションで稼ぐとしたら100%稼げるという謳い文句は信頼できません。
バイナリーオプションはよくハイ&ローなどと呼ばれています。2択なら外れる可能性もありますし、そもそもバイナリーオプションはそんな簡単な話では無いです。

皆が小松春樹のRHB利益保証ビジネスのツールを使えばバイナリーオプションは成り立ちません。
やめておいたほうが良いでしょうね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑