産婦人科の看護師として働く心構えとその役割について説明します

産婦人科の心構え

産婦人科の看護師として働く心構えとしては、助産師のサポートに徹するという事であり、産婦人科においては助産師が助産行為を行う事になりますから、助産師が仕事を行いやすいようにキチンと連携して業務にあたる事が必要です。

産婦人科で働いている看護師の中には、看護師としての仕事が脇役になってしまっている事を面白くないと感じる場合もありますが、それでも看護師が活躍する事は必要になります。

新生児の中には疾患を持ちながら誕生する子も居ますし、そういう時には助産師ではなく看護師が対応する事にもなります。助産師と看護師のスキルは住み分けが可能であり、それぞれの特性を活かしながら働くという住み分けが産婦人科の看護師として働く心構えとも言えます。

助産師との連携を大事にすること

あくまで妊婦さんが元気な子供を産んで安心出来る環境を提供する事が必要ですから、産婦人科の看護師として働く心構えを持ちながら対応して、妊婦さんに気を使わせる事なく働く事が望ましいです。

患者の為に尽くす事が必要であり、助産師の脇役というような事に悩む必要もなく、助産師と手を合わせながら仕事にあたると良いですし、患者さんにとっては助産師も看護師も関係無く、お産を無事に終わらせる為に助けを求めていますから、それに応える為に業務にあたる事が必要になります。

産婦人科で働くメリット

産婦人科で働く看護師という立場は、新しい命が産まれる瞬間にも立ち会う事にもなり、それをサポートするという価値のある魅力的な仕事ですし、喜びや幸せに触れる機会も多いものです。

もちろん流産する妊婦さんや悲しい場面に直面する事もありますから、精神的にもタフな仕事ではありますから覚悟を持って取り組む必要もあります。

いずれにしても妊娠を希望する方や妊婦さん、新生児を相手にする仕事ですから、自身にも役立つ仕事でもありますし、将来的に妊娠、出産した時には仕事を通じて身に付けた色々な知識が役立ちます。

妊娠前後や出産への知識を仕事を通じて知る事が出来るのは非常にメリットも大きいです。