産婦人科の看護師として働くのに必要な心構えを詳しく紹介します

診療科目によって異なる看護師の仕事

看護師の仕事は、携わる診療科目によって大きな違いがある場合も少なくありません。
新たな命の誕生を担う産婦人科には他の診療科目とは異なる大きな喜びも強いですが、産婦人科の看護師として働く心構えには、他の科目の場合とは若干異なる部分もあります。

失われる命にも向き合う強さが必要です

産婦人科では、新たに産まれてくる命だけを扱っているわけではありません。母親のお腹に宿った後、外の世界を知ることなくこの世を去ってしまう命も少なからず存在しています。
医師や看護師が手を尽くしても助けられない小さな命は、看護師の心にも大きな傷を作ってしまうこともあるでしょう。そして何より、大切な命を失ってしまった患者の姿を見る時の言いようのない遣る瀬無さは非常に強いと言えます。

こうしたシーンにしばしば直面する覚悟は、産婦人科の看護師として働く心構えとして不可欠です。他の診療科目においても大切な家族を失った遺族の姿を目にする機会は皆無ではありませんが、まだ生まれ出ていない命を失ってしまった両親の姿には、また別の悲壮さが否めません。しかしそれでもそのシーンに心を挫かれず、乗り越えていく覚悟が産婦人科の看護師として働く心構えには必要なのです。

個人クリニックに務めるにあたって

また、一般的には個人クリニックでの勤務は総合病院に比べると体力的な負担が少ないと言われている看護師ですが、産婦人科の場合はそのセオリーが当てはまらない傾向があります。

というのも、個人クリニックの場合でも産婦人科では分娩設備と入院設備が整っており、入院患者が存在する為です。その分夜勤も不可欠となり、ハードな勤務になる可能性が大きいと言えます。もちろん夜間に急遽産気づいた患者の受け入れも行う為、急な患者への対応能力も必要です。つまり、個人クリニックでも体力的な負担や精神的な負担は比較的大きいのです。

産婦人科の看護師として働く覚悟

産婦人科は、他の診療科目とは若干異なる科目です。その為勤務に際する特徴にも違いがあります。新たな命の誕生を見守るという非常に大きな魅力のある科目でもありますが、同時にたくさんの辛い状況にも見舞われる可能性のある科目であることをきちんと把握しておきましょう。