新しい命が生まれる現場である産婦人科の魅力

看護師として働く中で、特に産婦人科の魅力は大きいものがあります。
産婦人科の魅力といえば、やはり出産という新しい命が生まれる現場であることです。またこの他、女性の一生をサポートできるやりがいのある職場であることも魅力となっています。他の科にはない魅力が多くある職場ですので、看護師としても大きく成長できます。しかし、その分、看護師としての役割も重要なものになってきます。
産婦人科の看護師としての仕事は幅広いです。妊婦さんの脈をとったり、血圧を測ったり、血液採取をしたり、点滴をしたりといった技術的なことはもちろんのこと、妊婦さんのサポートにもあたる必要があります。妊娠前から出産にかけての体の変化のことや生活面でのこと、おっぱいのこと、家族計画のこと、育児のことなどをトータル的にサポートしていく必要があります。
また産婦人科では、お産のための妊婦さん以外にも、婦人病や性感染症といった婦人科系の病気で来院される患者さんもいます。デリケートな病気であることが多いだけに、こうした患者さんとのコミュニケーションやサポートなども、看護師の重要な仕事です。
看護師として働く上で、助産師といったさらなるステップアップも期待できることも産婦人科の魅力と言えます。助産師となるためには、看護師資格を取得していることが前提となります。看護学校でも勉強できますが、助産師になるための助産学校に通うことで、より専門的な詳しい知識や技術を身につけることができます。助産師になることで、お産にも直接携われますし、より様々な経験をすることができます。一生ものの資格となること間違いなしです。
どんな仕事であれ、やはり現場での経験を積むことが大切となってきます。基本的な技術や知識は学校で学ぶことができますが、妊婦さんや婦人病の患者さんとのコミュニケーションの取り方などは、実際に現場で経験し、学んで知っていくしかありません。産婦人科の看護師は、経験を積めば積む程スキルアップできる仕事ですので、やりがいを感じながら働くことができる職業です。