産婦人科の看護師になる為には、必要な資格があるのか?

内科、外科、小児科、耳鼻咽喉科などといったように病院には多くの専門科があります。その中でも、少し違った科であると言えるのが産婦人科ではないでしょうか?
産婦人科の場合、治療の為に受診、入院する人の他、出産といった生命の誕生を迎える為に訪れる場でもあります。その為、そんな産婦人科で働く看護師の多くは、産婦人科勤務を希望し働いている人も多くなっているようです。
では、産婦人科の看護師になる為には、何か特別な資格など必要になってくるのでしょうか?実際の所、看護師の資格以外、基本的になくても産婦人科で働く事は可能です。特に総合病院などの場合、産科だけではなく、婦人科として治療の為に訪れる人も少なくありません。その為、多くの看護師が勤務しているのが現状です。
しかし、もう一歩専門的に産婦人科の看護師になる為には、やはり、助産師の資格は持っていた方が良いかと思います。産婦人科の看護師になる為には、必ず必要になる資格ではないものの、産婦人科への勤務を希望する場合、持っていた方が良い資格になっているのです。
しかし、助産師の資格を取得する為には、いくつかの方法の中から選択し、国家資格試験をパスする必要があるのです。
まず、現在、看護師として働いている人の場合、1年の助産師課程を修了しないと国家試験を受ける資格を取得する事ができません。
また、これから、看護師と助産師の資格を一緒に取得したいと思う場合は、4年制で助産師コースのある看護大学などを選択する事で、卒業と同時に看護師と助産師の2つの受験資格を取得する事が可能になってきます。
そのような事から、将来、産婦人科での勤務を希望する場合は、初めから助産師の受験資格を取得する事ができる学校を選んでおくと良いかと思います。
このように産婦人科の看護師になる為には、助産師の資格は必ず必要になると言うわけではないものの、産婦人科で働く際には、是非、取得しておきたい資格になってきます。