産婦人科の魅力は命の誕生に立ち会えること

産婦人科の魅力は、やはり命の誕生に立ち会えるということではないでしょうか。それが1番だと思います。普通ならそこまで立ち会えるものではありません。何回も経験しているなら慣れてくるのではと思われるかもしれません。確かに、やるべきことというのは何回もやってくれば慣れてきます。慣れないと仕事が勤まりません。ですが、感動というのは毎回やってきます。お母さんはまさに命がけで頑張っているのです。そこまで苦しむこともなくあっさりと終わる人も確かにいます。ですが、ほとんどの人は苦しみます。何日もかけて苦しむ人もいます。実際、赤ちゃんが無事に生まれてきてもお母さんのほうが疲れきっていて危険な状態になることも無いわけではありません。その場合は本当に大変ですし、みんな必死に対処します。
命の誕生というのは経験するたびに気づかされることがありますし、家族のみなさんの表情なんかを見ると、毎回泣きそうになっている自分がいます。ですので、産婦人科の魅力と言われても、やはり命の誕生としか言いようがないのです。命は本当に凄いです。生まれてくる子が弱っているときも当然あります。その際は入院が長めになってしまうときもあります。それでも元気に退院したりしますし、数年後にお母さん方と再会したときに、「風邪も引かないくらい元気なんですよ」と言われると本当に嬉しいですし、命って凄いなと思い知らされます。よく考えてみれば、産婦人科の魅力はこういうところにもあるかもしれません。数年後に再開して、あのときの赤ちゃんがどうなっているか聞けるというのは中々ないと思います。
生まれたばかりの赤ちゃんを見ていると、不思議な気持ちになります。私が生んだわけでもないのに、自分の子供みたいな感覚になるときがあります。可愛くて仕方がないのです。みんな元気でいてほしいし、楽しく生きてほしいなと心の底から思います。赤ちゃんを見ていると、優しい気持ちでいっぱいになるのです。