新人看護師に読んで欲しい産婦人科の看護師として働く心構えとは

産婦人科の看護師業務とは

看護師の方が働く分野は多岐に渡りますが、一般病棟や特別養護老人ホームなど様々な選択肢が並びます。そうした中でも一定のニーズがあり、専門的なスキルを身につけることが出来るのが産婦人科での看護師業務です。

産婦人科は細かな気配りや配慮が必要なので、知識はもちろん経験やコミュニケーション能力が求められる分野でもあります。

ここでは産婦人科の看護師として働く心構えについて解説していきます。

時間の自由がきかない時もある

まず一般病棟と同じく産婦人科の看護師として働く心構えとして持っていただきたいのは、時間を問わず勤務が行われるということです。産婦人科は24時間体制で妊婦さんを迎え入れる必要がありますので、突然の出産などにも対応する必要があります。

小さなクリニックでは出産の機会も少ないので、夜間勤務になることも珍しいですが、自分の都合とは関係なくこうした夜間の突然の勤務が入ることもあるということを産婦人科の看護師として働く心構えとして知っておいて下さい。

妊婦さんへのコミュニケーションが大事

次に、産婦人科の看護師として働く心構えとして重要なのが、デリケートなコミュニケーションです。特に初産の場合には女性もデリケートになっていることが多いですが、そうした方に対しての適切な声掛けを行えることも、看護師ならではの心遣いになります。

また出産に関しても当然ですが、中には中絶を行わなければならない事情の方もいらっしゃいます。そうした方は特にデリケートな思いで治療に望まれるので、看護師としてもより一層のケアが必要になるでしょう。

その他にも不妊治療や流産など、出産は幸せや嬉しいというイメージだけでは語れないネガティブなポイントもありますので、そうした際には看護師としてしっかりとケアを行えるメンタルの強さも重要になります。

産婦人科の看護師を志望するにあたって

このように看護師として産婦人科などで働く場合には、不規則な勤務時間の他にも様々なサポートが必要になります。やりがいを感じて働いている方が多いので、ぜひ産婦人科志望の方はこうした現実を踏まえた上でキャリアデザインを進めてください。