産婦人科における様々な苦労話

看護師という仕事は命を扱うものでありやりがいとしてはかなり高いものがある反面、様々な苦労話というものあって仕事的には辛いといった感想もよく聞かれます。特に産婦人科の苦労話なんかは最も生命を扱うことに近い領域で働くが故に様々な体験をしている看護師さんが多いそうです。

まず産婦人科の苦労話として一番大きなものは、当然ながら生まれてくる赤ちゃんのことになります。赤ちゃんとは本来望まれて生まれてくるものでして、そうった大事な人生のイベントを手助けすることが大きなやりがいに感じる一方で、望まれない妊娠や出産というものもありそういったことで駆け込んでくる女性や赤ちゃんなどに対面すると相当なストレスになったりするそうです。特に一番大きな影響を及ぼすのが人工妊娠中絶や流産などの施術をするときでしょう。やはり相当なショックを得てしまうので、これをきっかけ産婦人科での勤めを諦めたり辞めてしまう看護師さんもいるぐらいです。

産婦人科の苦労話として面白いなと思ったことがありますが、それはこれからの日本の問題として少子化が挙げられますが、それに伴うと産婦人科の仕事も相対的に少なくなり給料的な面でも、他の部署よりも見込みが少なくなるといったケースも存在するそうです。産婦人科はかなり特殊なケースを扱うことから一般的な科の知識などを学ぶ機会があまり多くなく、つぶしが聞かないといった愚痴なんかも聞いたことがあります。

また産婦人科の苦労話としては助産師さんとのコミュニケーションがあるそうですが、この辺ではどこの医療科でも同じように看護師さんとスタッフの人間関係というのは問題になってくることはあります。やはりその辺は担当になったり配属されたりする病院しだいということなので、その辺は看護師全体の悩みかもしれません。というわけで産婦人科の看護師という仕事は生命の誕生という素晴らしい場面を手助けするやりがいのある仕事である一方で、相当な苦労話もある職場だそうです。