産婦人科は、危機的状況です。

産婦人科は、現在では危機的状況ですね。
一昔前までは、多くの産婦人科がありました、しかし現在では子供を産まない女性も増えてきてますし若い人の結婚も遅れがちになっています。
本来ならば、国が力を入れるものですが子供を持つリスクが高くせいぜい一人くらいしか持てない生活になってきています。

これでは産婦人科はすたれていくのが現状です、如何にか子供を増やせるように経済的に援助などして国が力を上げないばかりにどんどん子供を授かる世代がなくなりつつあります。
また日本の政治家も老人などは優遇する政策を行っています、しかし子供世代には例えば大学まで学費を無料などしていなく病院代なども軽く援助がありません。

たくさんあったのですがやはり利用する人も減りどんどん統合されたりしてあまり見かけなくなってきていますしそこへ集中して患者が押し寄せてきますので業務量が大変になっています。
医者や看護師なども激務ですので鞍替えする病院なども出てきています、田舎では見かけないことが多いのではないでしょうか。

このようにやはり人口が減少しているのも問題ですね、できるだけ若い人たちの負担を和らげて子供を持つようにしてあげるようにしないとまだまだ人口も減ってきます。
結婚も高齢化、身分は安定していない派遣社員や契約社員でどのようにして子供を育てていけばいいのか不思議でなりませんね、やはり少なくても医療費や学費を大幅な援助をして子供を産みやすい環境を作ることが大事だと思います。

あと数年もすればまた減ってくるでしょう、そうなると誰も産婦人科にはなりたくないでしょうしすでにそのような科が存在しているかも疑問ですね、少なくてもやはり力を入れて残されるようにしないとだめだと思います。
若い世代たちに子供を育てやすい環境を整えることが先決だと思いますがどうにかして日本の人口を上げてもらいたいと思うのは誰もが思っていると思いますね、今からでも対策をしてほしいと思っています。