看護師になりたい場合に注意したい事とは

看護師になりたい場合には学校を卒業して資格取得する事で半永久的に資格効果を得る事が出来ますし、一度経験を詰んでおくと結婚や引越し等でブランク期間が発生しても次の転職先を見つけやすいというメリットもあります。

看護師には種類があり、看護師になりたいという方どの種類の看護師になりたいか把握する事が重要ですし、それぞれ求められる要素が違ってくるものです。

正看護師は厚生大臣の免許を受けつつ、傷病者等に療養上の世話や診療補助を行う者であり、准看護師は都道府県知事の免許を受け、医師や看護師の指示を受けながら業務を行う事になります。

他にも認定看護師や専門看護師があり、認定は特定の看護分野で熟練の技術力を持った看護師として認められた者であり、必要になる教育課程を修了認定を受ける必要がありますし、専門看護師の場合は日本看護協会専門看護師認定試験に合格した上で特定専門看護分野で実践能力を備えている事を認めてもらう必要があいります。

それぞれの種類の看護師は学歴等によっても看護師になるまでの過程や条件が違ってきますから、事前にチェックしておく事は必要であり、例えば中卒で正看護師になりたいという方は准看護師学校で2年間学び、さらに准看護師になってから3年以上勤務実績を持った上で看護専修学校で2年間学ぶという過程が必要です。

他のルートとしては准看護師学校2年、さらに准看護師で10年以上勤務した上で2年間の通信性教育を受けるという方法もあります。

高卒以上ならば看護専門学校において3年学んだり、看護大学で4年学んだり、看護短期大学にて3年学ぶ等のルートがあり、人によって看護師になるルートは色々とありますから、看護師を将来の職業として希望する場合には、自身の家庭事情や置かれた状況によって変えると良いです。

いずれにしても社会的に非常に貢献度の高い仕事でもあり、今後も求められる職業の1つと言えるものですから、必要不可欠な職業です。