看護師は残業の多い過酷な仕事となる

小さな女の子に将来の仕事の希望を聞いてみると、看護師になりたいと答える女の子は多いのです。これは今も昔も変わらないのですが、変わっているのは職場環境なのです。

現在のところ医療機関が異常に多くあり、そこで勤めている人は少ない現状があります。とりあえず病院などをやりくりするだけの人員を確保できているようですが、病気などで欠員が出ると補充できない状態になるので、現状のスタッフでやりくりする事になります。

つまり規定の時間外で仕事をする事が多くなり、残業時間が多くなるのです。特定のスタッフだけが仕事が多くなるのではなく、全員で少ない人員をカバーするような状況になるため、常に疲労が溜まった状態で作業する事になるのです。

看護師は失敗の許されない仕事なので、常に集中力を高めて作業する事になるので非常に重労働となるのです。それでいて走り回ったりする立ち話の仕事とあるので、その疲労度は相当なものになるのです。

そんな事から看護師になりたいと考えてる人が多くいても、将来的に希望の職場で働くことが出来るかどうかがポイントとなります。専門学校を卒業すれば資格が取得できるので、そこから就職活動することになりますが、就職先はとても多いのです。

どこも新たな人員を増やしたいと思っているので、求人募集広告が非常に多くありどこで勤務しようか多くの中から選ぶことが出来ます。そんな事から高い給与を目指して様々な職場を検討することが出来るのでその点からすれば非常に恵まれているのです。

しかし、実際に現場に入ると求人広告に書かれてて内容より勤務時間が遙かに長い場合があり、これは自分だけではなく周りのスタッフ全員が同様な状況に有るので、改善対策を言ったりする環境がないのです。

そんな状況になってしまうので、看護師になりたいと思って実際の現場に入ったものの、仕事が長続きせずに短期間で職場を後にしてしまう人もいるのです。このような職場環境を改善していく必要が有るのです。