産婦人科で働くことの苦労話をわかりやすく3つに絞って解説します

産婦人科の苦労話について

産婦人科の苦労話として看護師が経験するのは、何といっても精神的な負担です。
産婦人科では日常茶飯事で命に関わる仕事をしているわけですが、それだけにいろいろな現実を目にします。出産はもちろんそうですが、それが必ずしもうまくいくとは限りません。

うまくいかないことも残念ながらありますので、そんなときは落ち込んでしまってその精神を回復させるのに苦労します。

1、出産に対する不安が生まれる

 自分がまだ未婚で出産経験がなかったりすると、出産の大変さをリアリティーたっぷりに知ってしまうのでそれが逆に不安を煽ってしまうということもあります。

何も知らないからこそ変な先入観を持つことなく出産できるということもありますので、その点は良し悪しがハッキリ分かれるところです。

2、助産師との連携に配慮する

 さらに、産婦人科の苦労話として看護師は助産師とのコミュニケーションが難しいということも、忘れてはならないです。医療はチームワークが重要ですがその専門分野によってそれぞれ意見が分かれてしまったり、気を遣わなければならなかったりなど、その点について気にやむ人は多いです。

産婦人科医がしっかりそれを統率していればそれで問題ないのかもしれませんが、すべての産婦人科医がそうできるわけではないでしょうから、その辺をしっかりと配慮して仕事をしていかなければなりません。

3、人手不足により疲労がたまる可能性も…

 そして、人手不足によることの疲れというのももちろんあるはずです。それは産婦人科の苦労話としてもはや一般的なのかもしれませんが、やはりその苦境を乗り切れるだけのスタミナがなければこなせないです。

まとめ

 これらのことを改めて考えてみると大変なことばかりのように思えてしまうかもしれませんが、もちろん人間の根幹に関わるすばらしい仕事であるということに違いはありません。

その魅力をどこまで重要視するかが産婦人科を選ぶかどうかの分岐点で、その選択が人生を決めていきます。ですので、産婦人科は苦労が多いかもしれませんが、それに見合う魅力もあるのです。