病院独特の重々しさがない!産婦人科特有の穏やかな雰囲気とは?

減少する産婦人科の現状

最近のニュースを見ると産婦人科の病院数が日本全体で減少しているとの事でした。
もちろん少子化の影響が大きいのはまちがいありません。しかし働く場所としての産婦人科そのものに魅力がないわけではありませんし、少子化が進行するとしても産婦人科がなくなることはありえません。

そして看護師さんや先生にとって産婦人科で働くことには他では得られない喜びや、やりがいがあります。それで、ここではあまりスポットライトがあてらない産婦人科での仕事の喜びややりがいについて考えてみたいと思います。

出産後の達成感と喜び

職場としての産婦人科の魅力の一つは、出産というかけがいのない喜びの場に立ち会えるというものです。出産には苦痛も伴いますが、一度生まれると患者さんだけでなくその家族のも大きな喜びが湧き上がります。その場に立ち会い喜びを共にすることは産婦人科の魅力の一つです。

苦痛を伴うものだからこそ生まれた時の達成感と喜びは一層大きなものになるのです。

産婦人科にある穏やかな雰囲気

別の良いポイントは、基本的に病院自体が穏やかで病院独特の重々しさがないという点です。産婦人科では堕胎や婦人病の治療もありますが、基本的には不治の病やガン病棟のように死を目前にした人たちを治療するわけではありません。

むしろ子供の誕生という喜ばしい瞬間を待ちわびる妊婦さんが主な相手です。ですから産婦人科は多くの場合、笑い声や穏やかな患者さんが多いです。ですから雰囲気全体が過ごしやすいというのは他の病院にはない産婦人科の魅力です。

妊婦さんに施すサービス

最近は産婦人科が豪華なホテルのように設備が整っていて食事やサービスにも磨きがかかっています。これも産婦人科の魅力の一つです。つまりそこで働く人たちも医者や看護師であると同時に豪華な一流ホテルのサービスマンのように洗練したサービスを妊婦さんに施すことができるのです。とてもやりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。

これらは産婦人科の仕事の一部を切り取ったに過ぎません。妊婦さんの出産は時として夜中に行われるなど独特の苦労もありますが、それを補って余りある魅力があるのも事実なのです。