注意!悪質な批評サイトやレビューサイトが横行している?!

公開日:  最終更新日:2018/07/06

批評サイトに注意!悪質な批評サイトが増えている!

悪質

ネットビジネスでお金を稼ぐ事が出来るようになった現在ではインターネットで「ネットビジネス」と検索すると沢山のビジネスが紹介されています。
クラウドソーシングやバイナリーオプション、ポイントサイトや文字起こしなど様々なものがあります。

ただ、これらは初心者にとっては敷居が高く収益を出すまでに時間がかかる傾向にあります。
そこでノウハウや情報をだけを販売して稼ぐタイプのビジネスが初心者に人気です。情報商材と呼ばれるものです。

この情報商材も色々な種類があるのでどれがイイのかわからないという人には批評サイトが一番わかりやすいでしょう。
ビジネスの詳細や仕組み、どのくらい稼げたのかなど色々な情報をレビューや批評をしてくれるので便利です。

このサイトでもいくつかの教材をレビュー批評しています。タップイズマネーや一期一会プロジェクト、ZERO to ONEプロジェクト、ワンミリオンズプロジェクトなんかもそうです。
しかし、このレビューや批評サイトには注意すべき点や悪質なものがあります。今回は注意点をまとめたので参考にしてみてください。

批評サイトで注意すべきは誘導

ウイルス

批評サイトで注意しなくてはいけないのは誘導です。

どのように誘導するか一部を紹介します。危ないブログやレビューサイトや批評サイトには特徴があります。

・地獄を見てきたけど○○のおかげで自由な生活をしている逆転系
・フリーターや学生からやっていてそのまま就職せずフリーランスで仕事している意識高い系
・「元○○が教える・・・」という仕事を辞めてブログだけで収入を得ている転職系

この3つが全て怪しいというわけでは無いですが、よくあるプロフィールの特徴です。
この3パターンがあまりにも多くてびっくりしています。アフィリエイターになりやすい条件なのでしょうかね。

しかもこの3パターンに当てはまる人ほどエグイ方法で誘導をしているように感じます。注意が必要です。

どうして自分のブログやメルマガに誘導するの?

誘導

アフィリエイターにとって収入のカギとなるのがサイトを見てくれる人数です。
収入につなげるためには自分がつくったサイト内でアクションを起こしてもらう必要があるので引きの強いワードや検索されやすいもの、最新の情報をサイトに掲載するのが定番のやり方です。

情報商材などの批評記事は検索のボリュームも多いので題材にされるケースが多いです。
その中で稼げない、詐欺だ、怪しいというワードを盛り込むことで読み手の不安をあおります。

こうした方法は心理学的に見ても有効とされ、人間は肯定よりも否定する意見を信用したり記憶にとどめやすい生き物です。
また、たいして詳しい内容を掲載していなくても否定しているだけで信用性が高まるのでその後の誘導に引っ掛かってしまう人が多いんです。

この方法は広く一般的に知られているため批評サイトで稼ぐと言うビジネスモデルも存在します。
このサイトも批評的な一面があります。なら、どうしてこのような記事を作ったかというとネットには一見正しく見える事も虚偽の可能性が潜んでいるという事を伝えたかったからです。

批評サイトは一見正義の味方のような見せ方をしているが実は悪質なものもあります。
全てを信じるのは危険です。注意しましょう。

全てのアフィリエイターが悪いわけではない!ちゃんとレビューしている人もいる!!

天使と悪魔

このサイトもネットビジネスや情報商材で稼げるもの、稼げないものを紹介してきました。この記事は自分で調べて、自らの考えを交えながら情報を紹介してきました。
利益やお金を稼ぐために作っているものでは無いので広告やバナーはありません。

本当に危険性を紹介したい、稼げるビジネスを紹介したいと考えるなら当サイトのように広告やバナーを作る必要はないです。
それをしているという事は収益を得るために何らかの手段を行使していると考えるのが自然です。

果たして本当にユーザーの事を考えてるのはどっちでしょうか?
誘導や広告、バナーを掲載しているサイトと全く掲載していないサイトのどちらを信用したいかは読んでいる皆さんに決めて頂きたいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑