産婦人科の苦労話 一覧

産婦人科の苦労話!私が実際に体験した産婦人科の苦労話について

産婦人科で働いて、数年が経ちました。産婦人科で働くということはけっこう大変なことで、体力勝負な所があります。実際に体験した苦労話から先輩看護師から聞いたお話などをいくつかご紹介したいと思います。

産婦人科の苦労話 その1、時間の自由が効かない

私が実際に体験した、産婦人科の苦労話はやはり急な仕事に対応しなければならないことです。出産を主に扱うのが産婦人科での仕事なので、急に仕事が舞い込んでくることが何度も何度もあります。

出産というのは時間を問わず起こることなので、深夜になったり早朝になったりと、結構大変な仕事です。職場の皆さんとお話していると結構時間に融通が効かないというのが、産婦人科の苦労話みたいです。

産婦人科の苦労話 その2、人間関係の問題

後は、その産婦人科の先生と折り合いが合わなかったりという話も結構耳にします。私はそんなことはないのですが、先輩の産婦人科の看護師が先生と折り合いがつかないでやめてしまいました。私はその人をすごく信頼していたので、辞めていった時は凄くショックでした。特に産婦人科の先生というのは俗にいう「曲者」のような先生が多いのも産婦人科の苦労話です。

嫌なことだけじゃない、産婦人科の魅力

ここまで産婦人科の苦労話を紹介しましたが、嫌なことよりも圧倒的にいいことの方が多い仕事だと思います。出産の現場に立ち会うことができるので、出産がどういうものかを知ることが出来ます。

私はまだ子供がいないのですが、こういう風に出産するんだということを知ることが出来ました。これは産婦人科で働いている人じゃなきゃわからないことだと思いますし、非常に勉強になりました。これから結婚をして出産すると思うのですが、心構えなども出来ましたし、女性なら良い職場だなと感じています。

まとめ

産婦人科の苦労話はこれまで紹介したような事が主だと思います。
これから産婦人科で働いてみたいような人は参考にしてください。

しかし気をつけなければならないのは、その地域や病院によって変わってきますし、そこの先生によっても変わってきます。すべて同じ産婦人科ではないので、自分が働きたい産婦人科のことを事前に調べて、それから求人に応募した方がいいと思います。


産婦人科で働くことの苦労話をわかりやすく3つに絞って解説します

産婦人科の苦労話について

産婦人科の苦労話として看護師が経験するのは、何といっても精神的な負担です。
産婦人科では日常茶飯事で命に関わる仕事をしているわけですが、それだけにいろいろな現実を目にします。出産はもちろんそうですが、それが必ずしもうまくいくとは限りません。

うまくいかないことも残念ながらありますので、そんなときは落ち込んでしまってその精神を回復させるのに苦労します。

1、出産に対する不安が生まれる

 自分がまだ未婚で出産経験がなかったりすると、出産の大変さをリアリティーたっぷりに知ってしまうのでそれが逆に不安を煽ってしまうということもあります。

何も知らないからこそ変な先入観を持つことなく出産できるということもありますので、その点は良し悪しがハッキリ分かれるところです。

2、助産師との連携に配慮する

 さらに、産婦人科の苦労話として看護師は助産師とのコミュニケーションが難しいということも、忘れてはならないです。医療はチームワークが重要ですがその専門分野によってそれぞれ意見が分かれてしまったり、気を遣わなければならなかったりなど、その点について気にやむ人は多いです。

産婦人科医がしっかりそれを統率していればそれで問題ないのかもしれませんが、すべての産婦人科医がそうできるわけではないでしょうから、その辺をしっかりと配慮して仕事をしていかなければなりません。

3、人手不足により疲労がたまる可能性も…

 そして、人手不足によることの疲れというのももちろんあるはずです。それは産婦人科の苦労話としてもはや一般的なのかもしれませんが、やはりその苦境を乗り切れるだけのスタミナがなければこなせないです。

まとめ

 これらのことを改めて考えてみると大変なことばかりのように思えてしまうかもしれませんが、もちろん人間の根幹に関わるすばらしい仕事であるということに違いはありません。

その魅力をどこまで重要視するかが産婦人科を選ぶかどうかの分岐点で、その選択が人生を決めていきます。ですので、産婦人科は苦労が多いかもしれませんが、それに見合う魅力もあるのです。


今はどうなっているのかわかりませんが当時は産婦人科不足でした

当時の産婦人科不足について

私が妊娠、出産で産婦人科にお世話になったのはもうかれこれ10年ほど前になります。
産婦人科の苦労話になってしまいますが、その当時なかなか産婦人科の予約がとれないという状況が起きていました。たまたま私が居住する地域だけだったのかどうかはわかりませんが、妊娠がわかった時点ですぐにすることはお産のできる産婦人科をすぐに探して予約することでした。

私の場合は最初に生理不順でかかっていたクリニックで妊婦検診もしてもらっていましたので、お産のできる産婦人科へ紹介してもらったのは5ヶ月の時でした。
総合病院で診てもらうように言われたのですが、総合病院では異常もないしほかの病院に行ってもいいですよとやんわりと追い出されるようなことを言われたので、今更ほかの個人病院では予約がとれるかわからないとお願いしてそのままそこでお産をすることを認めてもらいました。

産婦人科の苦労話

それにしても周りに聞いても産婦人科の苦労話は尽きませんね。
私の場合は地元で出産でしたのでまだよかったのですが、ママ友は里帰り出産だったため当初から検診のたびに電車に乗って1時間ほどかかる実家近くの産婦人科へ通っていたみたいです。

途中で変わるより最初から診てもらった方がいいとのことと、やはり途中からだとお産がいっぱいの場合予約がとれなくなるかもと心配したからだそうです。
産む側としては、とても不安だし心配だらけですが、現場で働くスタッフもそれは苦労があると思います。

医師の不足

産婦人科の苦労話としてはやはり医師一人ではいつ起こるかわからないお産に対応するのは難しいから、お産はとり扱わないでクリニックとしてのみ続けていくという選択をしたとかどこかで聞いたような覚えがあります。

私が産まれた産婦人科は今もありますが、お産は現在はしていないと聞きました。
確かに、最低でも2人は医師がいないと厳しいだろうと素人の私でも思います。
24時間働ける人なんているわけないのですから。

産婦人科の苦労話はママ友とよく話した思い出がありますが、やはりお医者様には感謝の気持ちでいっぱいですね。


産婦人科の苦労話!個人の産婦人科に勤務していた時の実録体験記

夢と希望の産婦人科

元々身内が看護師だったということもあり早くから看護師に憧れて学校も看護学校へ進学をしました。特にどの科に就職するかはまだ漠然としてしか考えていませんでしたが、色んな科を回って一番理想に近いのが産婦人科だと思って就職をしました。

産婦人科といえば、赤ちゃんの誕生の場面に立ち会える貴重な経験のできる科です。やはり夢や希望を持ってこの科を選ぶ看護師は多いかと思います。

その一、妊娠中の変化

産婦人科の苦労話を早速先輩ナースから聞かされることもありましたので、覚悟をして働いていました。

一番大変なことは妊娠中でナーバスになっているお母さんの相手です。特に陣痛中のお母さんはいつも穏やかで感じの良い方でも豹変することが多いですので、出産経験もない看護師はとても気を使います。産んだことのない人には痛みは分かりませんから寄り添ってあげることしかできません。

それでも生まれた赤ちゃんを抱いたお母さんは急に聖母のような顔をされるので、不思議に感じます。何度も出産に立ち会いましたが、何度経験しても出産ほどすごいものはありません。

そのニ、夜勤中の陣痛

そんな中、産婦人科の苦労話といえば、やはり夜勤です。産気づくお母さんは24時間体制ですが、先生は人間ですから診察時間以外は家のほうに帰っています。陣痛が来たとお母さんから連絡があり次第、先生に連絡をするのですが、夜中だとなかなか連絡がつかなくって焦ったことがあります。個人の産院ですので先生はひとりですし、もし先生が間に合わなかったらと思うと本当にぞっとします。

こんな時の先生は家で熟睡しているわけではなくて、外に遊びに行っていて電話が鳴っているのに気付かないということがほとんどなのですが、個人の産院ならではの産婦人科の苦労話ではないでしょうか。

看護師は赤ちゃんを取り上げる資格はありませんので、先生が病院に到着するまでお母さんの出産の準備をしてあとは先生が赤ちゃんを取り上げるだけの状態にして待っているんです。
ですからまだ新米ナースの頃は夜勤の時はいつも電話がかからないことだけを願っていましたよ。

まとめ

産婦人科の看護師として働くにあたり、妊娠中のお母さんとのコミュニケーションは特に重要です。適切な言葉を選び、円滑なコミュニケーションを図っていくことも産婦人科の看護師の心構えとして身につけていく必要がありますね。


産婦人科における様々な苦労話

看護師という仕事は命を扱うものでありやりがいとしてはかなり高いものがある反面、様々な苦労話というものあって仕事的には辛いといった感想もよく聞かれます。特に産婦人科の苦労話なんかは最も生命を扱うことに近い領域で働くが故に様々な体験をしている看護師さんが多いそうです。

まず産婦人科の苦労話として一番大きなものは、当然ながら生まれてくる赤ちゃんのことになります。赤ちゃんとは本来望まれて生まれてくるものでして、そうった大事な人生のイベントを手助けすることが大きなやりがいに感じる一方で、望まれない妊娠や出産というものもありそういったことで駆け込んでくる女性や赤ちゃんなどに対面すると相当なストレスになったりするそうです。特に一番大きな影響を及ぼすのが人工妊娠中絶や流産などの施術をするときでしょう。やはり相当なショックを得てしまうので、これをきっかけ産婦人科での勤めを諦めたり辞めてしまう看護師さんもいるぐらいです。

産婦人科の苦労話として面白いなと思ったことがありますが、それはこれからの日本の問題として少子化が挙げられますが、それに伴うと産婦人科の仕事も相対的に少なくなり給料的な面でも、他の部署よりも見込みが少なくなるといったケースも存在するそうです。産婦人科はかなり特殊なケースを扱うことから一般的な科の知識などを学ぶ機会があまり多くなく、つぶしが聞かないといった愚痴なんかも聞いたことがあります。

また産婦人科の苦労話としては助産師さんとのコミュニケーションがあるそうですが、この辺ではどこの医療科でも同じように看護師さんとスタッフの人間関係というのは問題になってくることはあります。やはりその辺は担当になったり配属されたりする病院しだいということなので、その辺は看護師全体の悩みかもしれません。というわけで産婦人科の看護師という仕事は生命の誕生という素晴らしい場面を手助けするやりがいのある仕事である一方で、相当な苦労話もある職場だそうです。


産婦人科医の成り手が減少しています

近年、産婦人科病院や医師の成り手が減少している事が社会問題化しています。お産はよく病気ではないと言われるように、順調で何の問題もなければ助産師さんだけで分娩は可能なのです。
この様に、お産は病気ではありませんが、お産に纏わり何か問題があり、手を施さなければ、母体や胎児に危険が生じる場合に産婦人科医の出番があるのです。

病気ではないお産は順調に行って当たり前で、医師が手を施す必要がある場合にはお産のリスクが現実のものとなった時なのです。しかし、世間はお産は上手く言って当たり前と言う感覚があり、もし出産時に母子に何か問題が生じれば医療ミスとして訴えられるリスクが、他の診療科よりも高いのです。

医師の多くは、何らかの形で死の危険に向き合う事が多いのに対し、産婦人科は新たな生命の誕生を手助けできると言う意味で夢があると、志す医師の方も多いのですが、一方で社会がすぐに裁判沙汰にする傾向が増えた昨今では、医療ミスとして訴えられるリスクを医師も考えざるを得ないのでしょう。

医師は研修医制度の下にいくつかの診療科を経験して自分の専門分野を決めて行きます。その自由度はあって良いでしょう。しかし、多くの医師が志を捨て、お金儲けと楽な事だけを考えるなら、もともと医師になる資格がないと言えないでしょうか。

医師になるには、もちろん優秀な頭も必要です。しかし6年間も学ばねばならず、非常にお金の掛かる医学部に進学する事を、家庭の経済的理由で諦めている人も非常に多いのです。
頭があっても、心がなく、自分の利益や楽な事だけを考えるだけなら、他の人に医師の道を譲るべきでしょう。医師が尊敬される職業であり続けるには、救命救急科や産婦人科などを希望する人が増える状況であるべきでしょう。

また、私達も冷静に考えて、何でもかんでも医療ミスとして安易に訴える様なクレマー的な行為は慎むべきでしょう。日本の医療は様々な側面に課題を抱えて居ます。少なくとも、医師が特定の診療科を嫌うような事態だけは、まず真っ先に無くさねばならないでしょう。


産婦人科で働きたい人が知っておくべき話

産婦人科というのは命に誕生に立ち会う事ができる、とても素敵な職場である事は間違いありません。ですから、憧れを持ち産婦人科の看護師になりたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、そんな産婦人科で働きたいと思っている方は知っておくべき話があります。その話をしっかりと知った上、まだ自分が働きたいのかどうか判断をするようになさってください。

まず、この科の辛い現実の一つとして、流産や死産、そして中絶などにも向き合わないといけないという事があります。幸せに赤ちゃんが生まれてくる瞬間は本当に素晴らしいのですが、それだけではありません。赤ちゃんや子供が好きで働いているけれど、そんな好きな赤ちゃんの悲しい姿を見て心が耐えきれなくなり看護師をやめてしまうという人も実際にはいます。ですから、そういった側面にもしっかりと耐える事ができるのか、向き合って仕事を続けていく事ができるのかという事はとても大切になってきます。

ここをよく理解しないまま、憧れなどだけで看護師になってしまう人がいます。そういった人はすぐに看護師をやめてしまう傾向にありますし、トラウマに近い形になってしまう危険性もあると言えるのではないでしょうか。素晴らしい仕事ですが、覚悟は必要であるという事は、絶対に知っておかないといけないと言えるのではないでしょうか。

働きたいと思っていた方は、是非ともここでお話をしたような産婦人科の現実についても、しっかりと頭に入れておくようになさってください。そうする事で、覚悟を決めてしっかりと働く事ができるようになってくれるのではないでしょうか。看護師の数はいつも不足しています。皆さんの働きたいという気持ちは本当に大切なものです。

でもせっかく働き出してもすぐにやめてしまうのではあまり意味がありませんし、自分のためにもならないと言えるのではないでしょうか。これらの事はどうぞ頭に入れておくようになさってください。