産婦人科関連記事 一覧

時代とともに変わっていく病院数と問題

今の日本の人口比率は高齢者が多くなり、若年層が少なくなっていく逆ピラミッド型になっており、この傾向はずっと続くと考えられています。少産少死の時代になり、高齢者を支える若年世代の人口が減って年金、医療、介護が難しくなってきているというニュースを耳が痛くなるほど聞く状況です。

そんな状況を反映してか、病院の数や扱っている診療科の数も変わってきています。認知症高齢者が多くなってきているニーズに対応して精神科、美容整形をしたいと考えている人が増えていることから整形外科は増えてきていますが、子供を産むための環境づくりが整われていない状況から産婦人科は減少傾向にあると言われています。時代の需要に対応しているからいいのではと考えてしまいがちですが、このままでは大きな問題になると警鐘を鳴らします。

産婦人科の数が減ると特に地方では、子供を産みたくても産める環境が出来ないということになるからです。産婦人科の数が減ると、例えば予約を取りたくてもいっぱいで取れない場合は近くの産婦人科が無いので何十キロも離れた隣町の病院へ行くということにもなります。出来ることなら、安心して病院で無事出産が出来ればと考えている人がいるいうニーズに対応できないということになります。

そんな状況が来ていることから、子供が産める環境づくりに力を入れてほしいと考えています。子供の数が減ると、年金、医療などの社会保障制度の崩壊につながるだけでなく、経済活動にも影響を及ぼすため高齢者対策ももとより子育て、育児、出産などの分野に投資をしていく必要があると考えています。医学部を卒業した学生に、子供を産むために産婦人科になることを希望する学生には奨学金を出したりするなどの何らかのバックアップが出来る環境を作るべきです。

また、地方の医師不足を解消するためにも地方での勤務を希望する学生に対して補助金を出すなどの政策も必要ではないかと考えています。安心して子供が育てられる環境を作れることにも目を向けてほしいです。


残念なことに看護士の世界でもイジメがあります

テレビなんかで小中学生のイジメが特集されたりする訳ですけど、これは子どもの間だけの事ではないですよね。人のために頑張っているはずの看護師の世界ですら、こういう事があったりします。ターゲットになるのは、やはり一番立場の弱い人間でしょう。これは子どもたちの場合と共通しているかと思います。そうなれば自然と職場にい辛くなる訳でして、その人が仕事を辞めたいと言い出すのも時間の問題という事になります。

一旦この様な状況に陥ってしまった場合、状況を逆転するのは極めて難しいかと思います。学校ですと先生に言えばある程度はどうにかなるのですが、ここでは皆が同じ様な立場ですから上の立場の人間に仲裁を頼むのが難しいのです。仮にあなたがそう訴えた所で、相手側がそのつもりが無いと言い張ればそれまでになってしまうのでしょう。

他の対処としては、勤務する場所を変えてもらうというのもあります。これは大きな病院でなければ困難かと思うのですが、その場合に限っては有効になるでしょう。小さいクリニックや病院しか見た事が無いという看護士さんは分からないかもしれませんが、大きな病院というのは東京ドーム何個分みたいな所が結構ありますから、離れた場所にいると一度も顔を合わさないで済む事が多いのです。

仕事を辞めたいという時は、この様な方法が無いかどうかを確認しておくべきです。まずそこで働くのを辞めて、丸っきり別の場所で働けばいいと言うのは簡単ですけど、実際再就職をするのは手間が掛かる行為なのです。可能であればという前提がありますが、同じ場所で働き続けた方が楽でしょう。

看護師にとって仕事を辞めたいという思いは職業病みたいなもので、切っても切れないものだと思います。イジメをする大人たちはどこにでもいるので、この悩みが完全に消え去る事は無いかもしれません。しかし、イジメ好きな人がいる一方で、絵に描いたような善人がいるのも確かですから絶望する必要もありません。


看護師を辞めたいという気持ちに素直になりましょう

仕事を辞めたいというのは誰しもが考える事ですが、看護師は特にそうかもしれません。勤務時間が交代制だったりして不規則になりがちなのです。確かに夜中の勤務は給料も良いのですが、その代わりプライベートな時間を失う事になってしまいます。夜眠れないのだから当然ながら寝るのは日中という事になります。そうなると時間感覚が狂って、健康上問題が出てくる可能性もあるのです。実際体調を崩したという看護師も大勢いるのでしょう。

いえ、私は健康そのものですから、そんな事になりませんという感じでしょうか。確かにそうかも知れませんが、時間を犠牲にしている事は認めざるを得ないはずです。年頃の女性ともなると、彼氏と一緒にどこかにデートにでも行きたいと考えるものですが、それもかなり難しくなってしまいます。合間の時間を見つけて、何とかという感じでしょうか。しかし、その様な無理をした関係だと長続きしなくなってしまいます。もし看護師では無くて、それ以外の仕事だったらこんな事にはならなかったのにという愚痴が聞こえてきそうです。

あなたが看護師の仕事を辞めたいと思ったのなら、それを実行する事をお勧めします。嫌々やっていては患者さんに対しても失礼でしょうし、自分にとっても良くありません。後になってもう一度やりたくなったら、復帰すればいいだけの話です。別につらい状況で耐え続ける事が素晴らしいという訳ではないのです。

仕事を辞めたいと考え始めているのなら、それは既に自分自身のSOSなのです。それを受け入れた方が良いのではと思えてなりません。ただ、一時的な体調不良という可能性もあるので、1ヶ月くらいは様子を見ても良いでしょう。それでも改善の兆しが無いとなると、その時は一旦離職する事を検討しましょう。大好きな人と過ごす時間を確保できれば心にも余裕が生まれるはずです。とにかくまずは休む事、それを意識すべきでしょう。自分の健康を大切にする事を軽視してはいけません。


看護師になりたい人の動機

看護師と聞くと、人それぞれイメージが異なる事でしょう。しかし、白衣の天使や聖女のように病人を介抱するイメージは少ないかもしれません。むしろどちらかというと、肉体労働、夜勤、汚いといったマイナスに近いイメージがあるかもしれません。それでも看護師になりたい人は今でも多くおり、看護師は高い人気を誇る職業です。では一体何が人々を惹き付けるのでしょうか。

看護師になりたい動機のNo1は給料でした。看護師になる事は簡単ではありません。しかしその価値は十分にあります。資格を取得すると、その給料は他の一般職業よりも飛びぬけています。またパートタイムの看護師の需要も多くあり、時給も高単価となっています。結婚、出産を経て、正社員からパートタイムへと仕事形態をシフトする女性も多くおり、高時給の看護師は大きな魅力となっています。

次いで看護師になりたい動機は、人を助ける仕事がしたいという点でした。現代における仕事の意味合いは、一昔前と大きく異なっています。以前は終身雇用が当たり前、仕事は人生の中心で、家族のために必死で行うものでした。しかし近年そうした流れは大きく変化してきています。仕事は人生の一部にすぎず、生計の手段であるという見方です。そして仕事にやりがいを求める人々も多くいます。仕事を通して自分の存在価値を認め、日々の生活を有意義に送ることが出来るからです。こうした点で看護師は、人を助け人から感謝される、まさに最前線の職業と言えるでしょう。仕事から働く喜びを味わう事が出来るのです。

給料、人を助ける仕事という2つが、看護師になりたい動機のトップ2でした。他にも人それぞれ様々な動機がある事でしょう。看護師の需要はこれからもますます拡大していくと思われます。少子高齢化が進み、高齢化に伴い医療福祉の必要が大きくあるからです。看護師という仕事を通して、やりがい、生きがいを見つける事も出来ますし、医療に関する専門的な知識、技術を身につける事も出来ます。これからも引き続き多くの人が看護しを目指してゆく事でしょう。


産婦人科の上手な選び方

妊娠出産や婦人科系の病気の際にお世話になる機会が多い産婦人科ですが、多くの女性にとって良い産婦人科のクリニックを見つけることは意外にも至難の技のようです。初めて産婦人科に通おうと思った時に、果たしてどこの病院を選べば良いのかということになりますが、自分のニーズにぴったりの産婦人科を見つけるポイントを考えてみましょう。

産婦人科は自宅の周辺に、簡単に見つけることができると思いますが、もちろん通いやすさを考えると自宅から近ければ近いほど便利であることは間違いありません。しかし、最終的にどの病院にお世話になるかを絞り込む際には、それなりの下調べをじっくりしてから決めることが望ましいでしょう。

一番良い情報源としては、ご近所で産婦人科に通っている方から実際のクリニック内が清潔かどうかなどの雰囲気や医師や看護師の対応について、的確な診断を下してくれるかどうかについての細かいチェックポイントを教えてもらうのがベストです。実際に通っている方の生の声が一番信頼度が高く参考にしやすいというのが、その理由です。

そして次に活用度が高いのがネットの口コミ情報です。地域の病院の情報を集めたサイトは探してみると結構たくさん見つけることができます。これらのサイトを最大限に活用することによってより独自の特徴などの情報収集をすることが可能なのです。

最後に、おすすめなのが実際に目星をつけたクリニックのホームページを熟読することです。ホームページには診療時間や住所といった基本的情報のほかに、院長の挨拶、治療方針なども読むことができるので、こういったところを読み比べることで病院の患者にたいしてのスタンスなどを読み取ることができるのです。

これらのポイントを照らし合わせた上で自分にぴったりのクリニックを見つけることが可能になってきます。実際に診療を受けてみて何かが違うと思えば、早めに違う産婦人科に転院してもよいので、納得するまで諦めずに最適なクリニックを探すことをおすすめします。


産婦人科選びは慎重に行いましょう

産婦人科を選ぶ時に、どこでも大して違いはない、同じようなものだと思って適当に選んでしまう方も中にはいらっしゃるようです。当然ではありますが、それはおすすめできない事です。病院によって対応だったり設備にも違いはありますし、大事な出産に関する事を行う機関なので、適当に選んでしまうという事はせずに良いところを慎重に選ぶようにしましょう。

産婦人科の中には、本当に評判が良いところもあれば評判が悪いところもあります。辛いお産の中看護師さんがずっと手を握って応援してくれるようなところもあれば、「大袈裟ですね」なんて冷たく言われてしまうなんていうところも信じられないかもしれませんがあるのです。それを思えば、やはり前者のような人の心の通ったところを選びたいと思うのは自然な事なのではないでしょうか。

そういった良い産婦人科はどのようにして探せば良いのかわからないという方もいらっしゃると思います。ですから、その方法についても簡単にここで解説をしたいと思います。やはり悪い産婦人科というのは噂になる事もありますし、口コミなどが悪いという事も多いです。ご近所さんや友人などに意見を貰ったり、自分でネットで口コミを調べてみれば、良いところを選び悪いところは避けるという事が可能になってくるのではないでしょうか。
産婦人科選びというのは大切なお産を行う時には本当に重要になります。いざという時に後悔をしてしまうなんていう事がないように、ここで説明をしてきた事はしっかりと頭にいれておくよう心がけてください。

今は自分には関係がないという方であっても、今後必要になる事は多いでしょうから、是非とも忘れずにここで説明をしてきた事を頭に入れておいて、必要になった時には引き出すようになさってください。そうすれば、どなたも後悔をしてしまうリスクを減らす事が可能になってくるのではないでしょうか。たくさんの人達に、この事が役に立ってくれれば幸いです。


より設備の整った安心出来る病院を選考すべき

近年は、お産をするときに利用する産婦人科が減少傾向にあります。このようなニュースを最初にチェックしておき、自分が利用すべき病院をどこにするのが最初の段階で決めておく必要があります。

妊娠をするもっと前の段階から、ある産婦人科を決めておき通う段取りをつけておくことが大事です。ここでポイントになるのは、知り合いにその産婦人科に通った人がいれば、どのような印象なのかを聞いておくことです。

金銭面の問題をチェックする事から始め、環境面などが有効であれば、そこでお産をすることを決める事が可能になります。この時に、ネットで情報をチェックすることも大事です。

実際に、その病院を使った人達のレビューが掲載されているような大きなサイトがあれば、ブックマークしておき定期的に覗くようにするのです。

最近は、深刻なニュースもさほど聞かなくなってきたので医療ミスなどが出る可能性はきわめて低いですが、このようなちょっとしたトラブルでも出来るだけ避けるようにするためには、多くの情報を集めて信頼のおける病院であるのか特定しておく必要があります。

このような部分をしっかりチェックしておけば、実際に産婦人科にお世話になったときに安心して依頼することが可能になるのです。

この時に選ぶポイントとして、急いで産婦人科に急行することになるので、より近い病院を選びたいと考える人が多いですが、実際のところは病院に到着しても翌朝に出産するなどのサイクルになるため、あまり立地条件は考慮に入れなくても良いのです。

より、ゆとりを持って対応する事によってこれらの情報をゆっくりチェックする事が出来るし、遠い場所で会ったとしてもより環境の整っている病院を最終的に選べば良いのです。

そして、最終的に最重要となるリスクを最大限に考慮するべきです。命にかかわるお産をするので、確率は相当に少ないといえどもそのあたりの情報を調べておき人員の多いような安心出来る病院を選択することが有効となります。


ついに私も叔母さんになってしまいました

ちょうど一年前ぐらいでしょうか。姉が結婚してすぐに妊娠報告を聞きました。その時はとても嬉しかったのを覚えています。姉の旦那さんが仕事の日は私が姉に付き添って産婦人科へ診察に行っていました。少しずつ大きくなっていくお腹を見るたびに、これから産まれる赤ちゃんの事が楽しみでした。

とうとう出産間近という日、仕事を早く終えた私はすぐに姉の通う産婦人科へと向かいました。病院へ到着すると数分前に赤ちゃんが産まれたという報告を、先に病院に来ていた母や姉の旦那さんから聞きました。母に教えて貰って、赤ちゃんルームを窓越しに覗いて産まれたばかりの赤ちゃんを探しました。大きな男の子で私の父の面影があったので、思わず笑っちゃいました。

姉と赤ちゃんを見たくて、退院の日まで何度も産婦人科に寄り道して帰る日々が続きました。何度も足を運んでいると心の余裕が出来てきて、通っている妊婦さんや新米ママさんに目を向けるようになっていました。幸せそうな表情の妊婦さんが多くて、その場にいるだけで私も少し幸せを分けて貰ったような気持ちになりましたね。赤ちゃんを抱いた女性が退院する姿を見ると、うちの甥っ子の退院する日が待ち遠しくなりました。

そして退院の日がきました。その日はそれぞれの両親そして祖父祖母までお祝いにかけつけました。人が多くて病院の部屋に入りきらないほどでしたね。この日初めて赤ちゃんを抱いた祖母は嬉しさのあまり涙していました。私が産まれた時もこうだったのかなと思うと、私までもらい泣きしちゃいました。病院から出る時に付き添ってくれたナースからも感動の言葉を頂いたようで、姉も両親も涙していたのは今思い出すとちょっとした笑い話です。

姉は自宅には帰らずに私も居る実家へとしばらく滞在していました。慣れない育児に姉が大変そうだったので、私も仕事から帰った後は育児に参加しました。赤ちゃんはとても可愛く、大変さも吹き飛んじゃいました。私もそのうちこんな可愛い赤ちゃんのお母さんになれるのかななんて想像しながら、婚活に励もうって心に誓った日々でした。


立ち会い出産可能な産婦人科かどうかの確認

出産を行う時に立ち会い出産を認めていない病院もあり、ルールは産婦人科によって違いますから確認が必要になります。

仮に立ち会い出産を認める産婦人科だとしても、細かくルール設定は違っており、家族は全員が入っても大丈夫な場合や、夫や実母だけは立ち会い可能、子供は無理というような細かい設定がありますから、必ず事前確認を行って病院を選択する事が必要です。

夫婦共に立ち会いでの出産を希望するというパターンは多くなっていますし、産婦人科側も様々なニーズに対応するようになってきていますが、病院によって違いますから注意しなければ立ち会いが出来ないという事にも繋がります。

夫側からすれば立ち会い出産にいざ直面すると、何も出来ない事に悩むという事もありますし、実際に夫側は見守ったり励ますしか出来ないものですが、妻側からすれば近くに居てくれるだけで安心して力になるという声が多いものです。

病院によっては積極的に立ち会い出産を推奨している所もあり、病院側からも注意点等の説明を受けて挑む事でトラブルを防ぐ事も出来ます。

初めて立ち会いする夫側は分娩する際の協力方法や出産時を想定した上での知識も無いですし、ある程度の心構えを作る事が必要であり、経験豊富な病院側ではそうした状況を想定したアドバイスをくれるものですから、安心して出産に立ち会う事が出来るものです。

分娩過程で妻や胎児の状態に変化がある事もありますが、その時に混乱してしまう夫もあるものですから、混乱によって安全なはずの分泌にリスクが発生する事もありますから注意も必要になります。

キチンと説明を行ってくれる病院選択をする事は必須であり、解らない立場になり不安を取り除いてくれる医師が担当になると安心です。

立ち会いは強制されるものでは無いですが、現在では6割程度の夫婦がこの形式での出産を行っているものですし、産婦人科を選択する際には可能かどうかの確認を行って挑むと良いです。


産婦人科を選択する時のポイントについて

産婦人科に行くキッカケとして多いのは、妊娠検査薬で陽性反応が出た時に本当に妊娠しているかどうかを明確にする為というパターンです。

いずれにしても病院選択を行う事は重要であり、妊娠出産の経験があってかかりつけの産婦人科があるならばそれで良いのですが、初めて利用する時にはどこを選べば良いか迷います。

ポイントとしては産院と言っても様々な種類があり、病院の規模も評判も値段も違ってくるものですから、住んでいる近辺で通える病院の中から評判の高い所を選択すると良いです。

人によっては海外で産むという選択肢をとる方も居ますが、一般的には周りに協力してくれる家族等が常に居る環境で出産を行う事は精神的にも良いですし、どのような出産を希望するかを整理した上で産婦人科選びを行う事が必要になります。

高齢出産のようなリスクがある場合は大きな病院で出産が安全であり、他の科も院内にある所だと何か起こっても即対応してもらえて安心です。

インターネット等から情報収集は有効であり、評判を確認して比較していく事は良いですが、病院に行った時の医師やスタッフとの相性というものは大切ですから、まずはカウンセリングを受けて判断する事が望ましいと言えます。

出産は一般的にも分娩台に仰向けになった状態で行う事になりますが、最近では様々な方法での出産があり、好きな体勢での出産を行うフリースタイルや水中で行えるものもあり、それらに対応している病院から選択するのも1つの選び方です。

出産というものは大変なものですし、母体と胎児の安全が第一ですから、出産に向けてのアドバイス等を的確に受ける事が出来るかどうかも重要な問題ですし、親身になって相談に乗ってくれる医師の居る所を選びたいものです。

医師やスタッフが信頼出来るなら出産する側も安心して任せる事も出来ますし、妊娠中の様々なトラブル対応や注意点の指導も行ってもらえますから、病院選択を適切に行う事が大切になります。


1 2 3