永井忠勝のハローライフプロジェクトは詐欺?本当に現金を受けとれるの?

公開日:  最終更新日:2018/11/08

永井忠勝のハローライフプロジェクトなんて信じられる?

申請するだけで?!!?

毎月20万円貰えるという情報を見つけました。
それが永井忠勝のハローライフプロジェクトです。

  • 毎月現金20万円が受け取れる!
  • 保障は一生続く
  • 給付金なので完全無料!

とあります。しかも、18歳以上であればだれでも申し込みが可能とありますが一体どのような内容なのでしょうか調べてみましょう!

こんな羽振りの良い話あるわけない!
と思う人もいるでしょう。最近は何かと不景気で省エネ、節約と言う言葉をよく聞きます。しかし、日本も羽振りの良い時代があったんです。それはバブル期です。

バブル経済の時はお金が有り余っていたので会社の社員旅行でハワイに行ったり、外でお酒を飲みに行くと知らないおじさんが奢ってくれるなんて事もよくありました。
「あの時は良い時代だった・・・」「今の若者にもあの感覚を味あわせてあげたい・・」なんて大人もいますが、それくらいみんながお祭り気分だった時期もありました。

バブル崩壊後はめまぐるしく時代は変化し、デフレや不景気になって行きました。

今回のハローライフプロジェクトもそんなバブルを思わせるかのような謳い文句で見つけた時はかなり驚きました。
結論から言います。

こうした話しは99%の確率で裏があります。
おいしい話はそんなに簡単に転がってません。

こうした謳い文句をするにはいくつかの理由が考えられますが一番は情報弱者と呼ばれる人を誘い込むためです。
「1日で○○百万円稼げる方法!!」とか「ビジネスの新定番!最先端お金稼ぎマシーン!!!」みたいなものは基本全部嘘だと思って下さい。

見た目には凄いですが中身は無いです。
悪質な情報商材の手口の一つとして広く知られていますが、注意してください。

<画像>
Hello Life

http://hellolife-project.com/lp/main/?tid=142029より引用

特定商取引法に基づく表示

永井忠勝氏

販売会社:シーケンス合同会社
販売責任者:永井忠勝
メールアドレス:hellolife.staff.01@hellolife2017.com
所在地:大阪府大阪市住吉区長居東3丁目14-22 長居東コーポ709
商品の引き渡し期間:お申し込み完了後、いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
表現及び商品に関する注意書き:
本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

個人情報に関する取扱い:お客様からウェブフォームへの入力等によりご提供いただいた氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、住所等の個人情報は、お客様へのご連絡、シーケンス合同会社及びアフィリエイトセンターのサービス等のご案内、今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、その他これらに関連する目的に使用するために、口頭、書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます。ただし、お客様から要請があれば、当該お客様の個人情報について第三者への提供を停止いたします。

著作権について:
このサイト及び情報は、著作権、商標権、その他の知的財産権により保護されています。このホームページまたは、コンテンツ、画像等全てを著作権者に無断で使用、複製送信、頒布、改変、翻訳、デザインの模倣等利用することは著作権法違反となります。発覚した場合、損害賠償として一千万円をご請求します。

http://hellolife-project.com:80/lp/card/tokutei.htmlより引用

ハローライフプロジェクトに隠された矛盾とは?

上記にある「表現及び商品に関する注意書き」の中にある「本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」と言う表記を見て疑問に感じる方はいませんか?
何か違和感を感じた方は鋭いです。

あなたは詐欺には引っかからないでしょう!!!
「実は本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」

この表記はおかしいんです。

今回のオファーには「毎月現金20万円が受け取れる!」「給付金なので完全無料!」とあるのに表現や再現性には個人差がある・・・
とはどういうことなんでしょうか?

画像その1
画像その2

さらに深く調べるとハローライフプロジェクトは永井忠勝人物が販売責任者をしていますが、彼に関する情報はほとんど出てきません。
彼がインタビューを受けている動画で「投資のコンサルタントを年に300位している」

と言っているシーンがありますが、それに関する情報も出てきません。
年300回もしているなら流石に情報が出てくるはずです。

もっとよく調べると最終的に仮想通貨の自動マニュアルの販売を進めてきます。
どういうことでしょうか?

結局マニュアルを売りつけてくるという悪質な情報商材ではないですか!
もうこの時点で呆れてしまいました。

YouTube動画

ハローライフプロジェクトを信じて申し込むのは危険

結論、永井忠勝のハローライフプロジェクトは口だけの情報商材でした。
あれだけ大きな事を言っておきながら結局マニュアル購入を薦めてくる事に怒りすら感じました。完全に話がすり替わってますし、情報弱者を狙った手法である事は明らかです。

当サイトではこの「永井忠勝のハローライフプロジェクト」を危険な商材と位置付けて注意喚起として紹介しました。
「お金をプレゼント!」というような甘い話は無いので皆さんも十分に注意してください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑