産婦人科で働く心構え。意識を傾けるべき事柄を考えながら仕事するべし!

看護師としての心構え

女性に特有の病気の治療に協力したり出産に立ち会ったりと、産婦人科で働く看護師は貴重な体験の連続です。誇りを持って仕事に取り組む姿が印象的である一方で、看護師たちの胸中は複雑ということがよくあります。

産婦人科では受付担当者や助産師など、さまざまな立場の人物が同じ場所で働いています。各々が大切にしていることは違いますし、ときには意見が衝突して仲違いしてしまうことも珍しくありません。しかしながら、どんな境遇でも患者第一に仕事することが看護師には求められます。言わば、産婦人科の看護師として働く心構えというわけです。

仕事の優先順位を割り振る事

患者からしてみれば、医療行為に携わる人物の詳細な区別がつきません。せいぜい受付担当者とそれ以外という程度しか判別できませんから、目の前にいる人物が何のスペシャリストなのかを問わず平等に接します。

ときには看護師が出産時のことについての相談を受けることもありますから、質問された当事者としては自分が何者なのか理解されず悲しい思いをします。しかし、それは仕方がないことであると割り切る必要があります。

職場で働いている目的について考えると、患者からの些細な一言などに一喜一憂している暇はないはずです。目の前の作業を一つひとつこなしていくことを最優先にすれば、小さなことで気にならなくなります。優先順位を考えることは、産婦人科の看護師として働く心構えの中でも最重要と言えます。

仕事のトラブル回避は心の余裕から

職場内の人間関係が良好になるように努めることも、産婦人科の看護師として働く心構えで大切にするべきです。意見の衝突が起こりやすいために、誰もが自己主張していれば場が収まりません。会話がヒートアップしても心の中は冷静さを保つように努めると、咄嗟に言われたことを後々まで引きずることがなくなります。

その結果、冷静に仕事ができるようになるのでミスが減ります。
仕事中のトラブルが減れば、誰もが心を穏やかにしながら対応できると考えられます。