2016年07月 一覧

産婦人科で働く心構え。意識を傾けるべき事柄を考えながら仕事するべし!

看護師としての心構え

女性に特有の病気の治療に協力したり出産に立ち会ったりと、産婦人科で働く看護師は貴重な体験の連続です。誇りを持って仕事に取り組む姿が印象的である一方で、看護師たちの胸中は複雑ということがよくあります。

産婦人科では受付担当者や助産師など、さまざまな立場の人物が同じ場所で働いています。各々が大切にしていることは違いますし、ときには意見が衝突して仲違いしてしまうことも珍しくありません。しかしながら、どんな境遇でも患者第一に仕事することが看護師には求められます。言わば、産婦人科の看護師として働く心構えというわけです。

仕事の優先順位を割り振る事

患者からしてみれば、医療行為に携わる人物の詳細な区別がつきません。せいぜい受付担当者とそれ以外という程度しか判別できませんから、目の前にいる人物が何のスペシャリストなのかを問わず平等に接します。

ときには看護師が出産時のことについての相談を受けることもありますから、質問された当事者としては自分が何者なのか理解されず悲しい思いをします。しかし、それは仕方がないことであると割り切る必要があります。

職場で働いている目的について考えると、患者からの些細な一言などに一喜一憂している暇はないはずです。目の前の作業を一つひとつこなしていくことを最優先にすれば、小さなことで気にならなくなります。優先順位を考えることは、産婦人科の看護師として働く心構えの中でも最重要と言えます。

仕事のトラブル回避は心の余裕から

職場内の人間関係が良好になるように努めることも、産婦人科の看護師として働く心構えで大切にするべきです。意見の衝突が起こりやすいために、誰もが自己主張していれば場が収まりません。会話がヒートアップしても心の中は冷静さを保つように努めると、咄嗟に言われたことを後々まで引きずることがなくなります。

その結果、冷静に仕事ができるようになるのでミスが減ります。
仕事中のトラブルが減れば、誰もが心を穏やかにしながら対応できると考えられます。


産婦人科の苦労話!私が実際に体験した産婦人科の苦労話について

産婦人科で働いて、数年が経ちました。産婦人科で働くということはけっこう大変なことで、体力勝負な所があります。実際に体験した苦労話から先輩看護師から聞いたお話などをいくつかご紹介したいと思います。

産婦人科の苦労話 その1、時間の自由が効かない

私が実際に体験した、産婦人科の苦労話はやはり急な仕事に対応しなければならないことです。出産を主に扱うのが産婦人科での仕事なので、急に仕事が舞い込んでくることが何度も何度もあります。

出産というのは時間を問わず起こることなので、深夜になったり早朝になったりと、結構大変な仕事です。職場の皆さんとお話していると結構時間に融通が効かないというのが、産婦人科の苦労話みたいです。

産婦人科の苦労話 その2、人間関係の問題

後は、その産婦人科の先生と折り合いが合わなかったりという話も結構耳にします。私はそんなことはないのですが、先輩の産婦人科の看護師が先生と折り合いがつかないでやめてしまいました。私はその人をすごく信頼していたので、辞めていった時は凄くショックでした。特に産婦人科の先生というのは俗にいう「曲者」のような先生が多いのも産婦人科の苦労話です。

嫌なことだけじゃない、産婦人科の魅力

ここまで産婦人科の苦労話を紹介しましたが、嫌なことよりも圧倒的にいいことの方が多い仕事だと思います。出産の現場に立ち会うことができるので、出産がどういうものかを知ることが出来ます。

私はまだ子供がいないのですが、こういう風に出産するんだということを知ることが出来ました。これは産婦人科で働いている人じゃなきゃわからないことだと思いますし、非常に勉強になりました。これから結婚をして出産すると思うのですが、心構えなども出来ましたし、女性なら良い職場だなと感じています。

まとめ

産婦人科の苦労話はこれまで紹介したような事が主だと思います。
これから産婦人科で働いてみたいような人は参考にしてください。

しかし気をつけなければならないのは、その地域や病院によって変わってきますし、そこの先生によっても変わってきます。すべて同じ産婦人科ではないので、自分が働きたい産婦人科のことを事前に調べて、それから求人に応募した方がいいと思います。


小さな命の誕生に立ち会える喜びが産婦人科の最大の魅力といえます

仕事を通じて感じる幸せ

命の誕生に立ち会える事は産婦人科の魅力でもあり、赤ちゃんの誕生というのは自然と幸せな気分になれる事ですし、そこに立ち会う機会の多い事は仕事を通じて接しても幸せな事です。

もちろん中絶等のような事もありますし、幸せな出来事だけでは無いですが、女性の出産や妊娠に関わる様々な問題に直面してケアを行う尊い仕事と言えます。

お産や中絶だけを行う場所ではなく、産婦人科では女性器の病気の検査や治療も行っていますし、不妊治療やホルモン治療等、様々な問題を取り扱う場所です。

女性の問題をケアする仕事

近年は特に晩婚化も進んでおり、高齢出産等によって多様な出産方法や治療がありますから、産婦人科に求められるスキル等も高度化しており、医療環境も大きく変わってきており、女性の方の問題を一生に渡ってケアする場所にもなってきています。

命の誕生に立ち会うという産婦人科の魅力はもちろんですか、女性ならでは疾患等の問題を抱える患者さんと向き合ってサポート出来るというのも産婦人科の魅力であり、社会にとって必要な場と言えます。

様々な専門医院の中でも産婦人科は特殊な体験する事が多い場所でもありますし、悲しい出来事や厳しい現実に直面する事がありますが、出産という幸せ溢れる場に何度も立ち会える特別な空間です。

産婦人科側から見ても妊娠に悩む方が妊娠に成功して無事に出産して退院していく姿を見届ける事は幸せな事ですし、患者からしても女性の様々な問題に対応してくれる安心出来る場所でもあり魅力的な所です。

産婦人科の重要な役割

出産時だけではなく育児を行う時でも役立ちますし、働く側としても妊娠や育児の時に役立つ知識が沢山身に付いて、周りからも一目置かれやすいですし、患者からしても頼りになる所と言えます。

産婦人科は多くの女性が活用出来る社会にとって非常に重要な場所でもありますし、働く助産師や看護師にとって仕事自体はハードで覚える事も多く治療も複雑化している面もありますが、やりがいと魅力のある仕事です。


やりがいのある産婦人科での仕事。その魅力はたくさんあります

妊婦さんとのコミュニケーション

産婦人科の魅力とはいったいどのようなものでしょうか。そこで働くことで妊婦さんの助けになることができるというのは一番のものかもしれません。妊婦さんというのはいろいろな不安を抱えています。それは体調の変化もそうですし、精神的なものもあることでしょう。

特に初めての妊娠で戸惑っていることも少なくないのです。そのような女性たちに助けを差し伸べることができるのは嬉しいことであり、それによって妊婦さんが元気になっていく様子やほっとした感情を持ってもらえることはやりがいになるのです。

赤ちゃんの誕生を一緒に喜べる

また、産婦人科の魅力は赤ちゃんの誕生を一緒に喜べることです。
みんなで1つのチームのようになって、赤ちゃんの出産のためのアシストができるのであり、それは緊張感のある場面ではあるのですが、必死に苦しむ妊婦、そしてもう少しで出産というその瞬間、そして誕生の感動は何度経験してもいいものであり、この仕事をやっててよかったと思うものとなるに違いありません。
そして安産であり、元気な赤ちゃんを見ることができるのは素晴らしいことなのです。

同じ女性としての悩みを共有できる

その他にも産婦人科の魅力は女性の体のことがとても詳しくなりますし、どのような問題を抱えているのか、そしてそれは自分が将来経験することかもしれず、毎日が勉強の機会になります。

妊婦さんを助けるのが仕事とはいえ、同じ女性として気がかりなことや直面することは同じですので、それらの人たちに対応したり、その様子を見ることで学べることはたくさんあります。それで確かにこのようなところで働くのは魅力のあることなのです。

最近は少子化の影響なのか、産婦人科は少なくなっているように思いますし、そこで働きたいという女性たちも減ってきているのかもしれません。もしそうならばそれは残念なことであり、もっと賑わいのあるところになって欲しいものです。

晩婚化が進んでいるのもそうした原因の1つになっているのかもしれません。いずれにしてもこのお仕事はやりがいのあるものであることは確かです。


たくさんの方々の出産を間近で見て感じる。産婦人科の魅力とは

命を繋ぐお仕事

産婦人科の魅力と聞けば、私ならばこう答えると思います。それは、産婦人科の魅力はたくさんの方々の出産を間近で見ることができるので、感動のシーンをいっぱい見れること!このように私であれば答えます。

やはり、産婦人科の魅力は何と言っても、出産に直接立ち会うので赤ちゃんが産まれてくるのを見れるのです。もちろん、それは大変なことですし、苦労もたくさんあるのですが、それほど素晴らしい感動のシーンを直接見れるのは素敵ですよね?

産婦人科に勤めていらっしゃる人たちだからこそ、より感動を味わうことができるはずですし、命の大切さを誰よりも実感しているのではないでしょうか?それほどまでに、過酷で日々苦労が耐えない分、しっかりと元気に産まれてきてくれた赤ちゃんにはとても感動するでしょう。

産婦人科の魅力

命というものは何よりも大切でかけがえのないものです。その大切な命が産まれてくるシーンを肌で感じることができるので、産婦人科の魅力は本当にかなりのものがあるでしょう。私はまだ出産の場面に立ち会ったことがないために、その感動のシーンを直接見たことがないのですが、当然、いつかは見たいですし、私も感動をもらいたいです。

たくさんの妊婦さんたちが毎年出産をし、赤ちゃんを出産しているのですが、やっぱり、赤ちゃんはいいですよね?かわいいですし表情が豊かです。産まれてきた小さな命を育み、素晴らしい人へと成長していけるようになれば最高ではないでしょうか。

命を繋ぐ産婦人科

産婦人科では日々、出産をされるお母さんが来院し、苦労しながらも赤ちゃんを産んでくれています。それは、本当に素晴らしいことですし、ありがたいことですよね?命が宿るのは素敵なことなのです。その大切な命がずっといつまでも続くように、私たちもしっかりとサポートする必要があるでしょう。

産婦人科ではとても忙しく慌しい時間を送っていますが、大変な分だけ、命が新しく誕生したときには喜びも大きいのではないでしょうか。感動が大きいのです。


幸福なイメージを持たれる産婦人科にはどのような魅力があるのか

一般的な病院のイメージ

病院という場所は、病気の時に通うところとしてなんとなくマイナスのイメージを持ってしまう方も多いでしょう。もちろん病気が良くなってよろこぶという事はあるのですが、そういった状況ばかりではなく、良くならないという事も起こりうるのです。そういった状況が続いてしまうと、かかわるスタッフとしてもやりがいを感じにくくなるという事があります。

しかし、産婦人科の魅力を感じ、働くことを希望する方は多くいます。もちろん産婦人科にも重い病気であったり不幸な事というのは起こらないわけではありません。しかし、やはり赤ちゃんが生まれる感動や喜びといった嬉しい部分に触れる機会が多くなるという事もあります。

幸福イメージの強い産婦人科の特徴

医療分野の仕事はやりがいがある、人の役に立てるという意見が多いですが、中でも他の診療科より産婦人科の魅力は大きいと感じる方が多いのではないでしょうか。通ってくる人も幸せなオーラをまとっていることが多く、病院内も明るい雰囲気になることも多いです。

人の幸せに魅力を感じるという方は、産婦人科の魅力を強く感じることになるのではないでしょうか。そういった中で働いていきたいという方は積極的に産婦人科を選んでいきましょう。

産婦人科で働くということ

赤ちゃんができて幸せな反面、新しいお父さんお母さんは不安なことがたくさんあります。
スムーズに子育てに移っていけるように、産婦人科のスタッフにはサポート力が求められます。その対応ひとつで不安が解消したり、より良い子育てに向かっていくことが出来るという事もあるのです。そういった面ではやりがいも大きいといえるでしょう。

人が命を得るという事は尊いことでもあります。そのスタートラインに関わることが出来るという事は非常に大きな意味があるのではないでしょうか。大変な仕事ももちろん多いでしょうが、それ以上に魅力も大きいはずです。仕事にやりがいや喜びを求めたいならば命の誕生にかかわることが出来る産婦人科という事も大きな選択肢の一つとなるでしょう。


命と向き合う事。大切な命を扱う産婦人科の看護師として働く心構え

務める医院によって仕事内容も変わります

一口に産婦人科の看護師といっても大きな総合病院などにある産婦人科に勤めるか、産婦人科のみの専門クリニックに勤めるかによっても特徴が異なってくるものです。

例えば大きな病院の中の一つの科である産婦人科病棟でしたら、昨今の少子化に伴って出産も少ない傾向にあり、産科以外の婦人科のお仕事のほうが多いという病院も少なくありませんし、場合によっては産婦人科病棟自体も他の科と混合病棟になっているというケースがあります。

産婦人科でなければ味わうことが出来ない喜び

産婦人科の看護師として働く一番の魅力は、命の誕生に立ち会うことができるというところでしょう。婦人科として女性の手助けをするお仕事もそうですが、やはり産科として新しい命と向き合うことが産婦人科の魅力であり、一番のやりがいでもあります。

産婦人科医も助産師も、そして産婦人科に勤める看護師も小さな命を守るために日々奮闘しています。デリケートな命なのでその扱いには苦労することもたくさんありますが、無事に誕生する感動というのは産婦人科でなければ味わうことができません。

ただし、その小さな命が全て望まれて生まれてくるものでも、健康に生まれてくるものでもないことも、産婦人科の看護師として働く心構えとして知っておく必要があります。

専門的な知識とスキルを身につけましょう

また他の科のように疾患で来院する方だけではないので、健康なかたの看護のしかたも産婦人科の看護師として働く心構えとして身につける必要があります。
戸惑うこともあるでしょうが、産婦人科ならではの専門的な看護のスキルを磨くことができるのは魅力の一つでもあるでしょう。

それに産婦人科に勤めることで自分の将来の妊娠出産のための知識も仕入れることができますし予行演習にもなります。同じ女性が患者ということでより寄り添った看護を意識してやりがいも生まれてくるでしょう。

産婦人科というのは新しい命というポジティブな力に溢れている職場です。産婦人科の看護師として働く心構えとして、このエネルギーを患者と共に喜び合える空間を作ってあげる仕事ができるようになってください。