2016年02月 一覧

産婦人科における様々な苦労話

看護師という仕事は命を扱うものでありやりがいとしてはかなり高いものがある反面、様々な苦労話というものあって仕事的には辛いといった感想もよく聞かれます。特に産婦人科の苦労話なんかは最も生命を扱うことに近い領域で働くが故に様々な体験をしている看護師さんが多いそうです。

まず産婦人科の苦労話として一番大きなものは、当然ながら生まれてくる赤ちゃんのことになります。赤ちゃんとは本来望まれて生まれてくるものでして、そうった大事な人生のイベントを手助けすることが大きなやりがいに感じる一方で、望まれない妊娠や出産というものもありそういったことで駆け込んでくる女性や赤ちゃんなどに対面すると相当なストレスになったりするそうです。特に一番大きな影響を及ぼすのが人工妊娠中絶や流産などの施術をするときでしょう。やはり相当なショックを得てしまうので、これをきっかけ産婦人科での勤めを諦めたり辞めてしまう看護師さんもいるぐらいです。

産婦人科の苦労話として面白いなと思ったことがありますが、それはこれからの日本の問題として少子化が挙げられますが、それに伴うと産婦人科の仕事も相対的に少なくなり給料的な面でも、他の部署よりも見込みが少なくなるといったケースも存在するそうです。産婦人科はかなり特殊なケースを扱うことから一般的な科の知識などを学ぶ機会があまり多くなく、つぶしが聞かないといった愚痴なんかも聞いたことがあります。

また産婦人科の苦労話としては助産師さんとのコミュニケーションがあるそうですが、この辺ではどこの医療科でも同じように看護師さんとスタッフの人間関係というのは問題になってくることはあります。やはりその辺は担当になったり配属されたりする病院しだいということなので、その辺は看護師全体の悩みかもしれません。というわけで産婦人科の看護師という仕事は生命の誕生という素晴らしい場面を手助けするやりがいのある仕事である一方で、相当な苦労話もある職場だそうです。


利用者から認められる産婦人科の看護師になる為には

産婦人科の看護師になる為には、看護関連の大学に数年間通った後に国家試験に合格する事が一般的な方法です。国家試験に合格すると仕事に就く為の資格に関する証明書を貰って、様々な病院の科目の面接試験を受けます。新人の職員として看護の基礎的な仕事に関する研修を受けて、病院での仕事を覚えた時に妊婦や患者の世話をしながら診療の補助の仕事に従事します。入院している患者に関しては、担当者として入院生活を快適に送る為に親身になって診療の補助を行ったり、排泄や食事などの介助などの世話を行う事が主な業務です。大学や養成施設に通っている場合、病院などで現場の状況を勉強したり、実習を行いながら体験的な学習を行う事もあります。

病院には多くの患者や妊婦が訪れますが、多くの関係者から認められる産婦人科の看護師になる為には、基本的な診療の補助などの技術を身に付ける事です。妊婦の場合はお腹に胎児を授かっている事を認識して、無事に赤ちゃんを産んでもらう事を考えながら診療の補助の業務を行います。日常生活を送っている時のつわりなどが起こって悩んでいたり、将来的な不安などの不安を抱えて精神的に病んでいる妊婦も多いので、精神的なケアができる事で多くの利用者から優秀な職員として親しまれる事に繋がります。妊娠して8ヶ月を過ぎて急な陣痛などの事情で、急患としての妊婦などに素早く対応する能力も必要です。不妊で悩んでいる女性なども近年は多く訪れる傾向なので、不妊の状況を聞きながら適切なアドバイスを伝えられる人材になる事も求められます。

優秀な産婦人科の看護師になる為には、技術を磨くばかりではなくて、利用者の立場に立って寄り添う気持ちも大切です。妊婦の人に対しては、無事に赤ちゃんを産んでもらう事を前提として、安心できる診療のサービスを提供する事が大切です。実務の経験を積む事によって、認定された職員として高度な仕事に就ける事に繋がって、やりがいを感じている職員も多いです。


命と向き合える産婦人科のお仕事の素晴らしさ

昨今は少子化の時代と言われて久しいですが、毎日のように新しい命がどこかの病院で誕生しています。高齢化社会になっているので子供はとても貴重なのです。我が子は宝物といっている人の話をよく聞きますが本当にその通りです。これからの日本の未来を担うのは新たに生まれてくる赤ん坊たちなのです。そういった赤ちゃんは非常に大切なのですが、その誕生の瞬間に何回も立ち会ったことのある人間は少ないでしょう。

病院に勤務しているような看護師・助産師でなければなかなか見られない光景だからです。しかし一度でも赤ちゃんが産道を通って生まれてくる姿を見たことのある人なら、その生命の尊さを体感するはずです。この世界に新しい命が生まれたという事実を目の当たりにすると人間は感動してしまう生き物なのです。このような出産に関わる仕事をする人はみな、仕事に対して誇りを持っていきています。人は出産なくしてこの世に現れることはできません。したがって病院の出産は誰もが人生で一度は通過する厳かな儀式なのです。産婦人科の魅力はここにあるのです。出産も大切ですが、妊娠から出産までのケアを担当する産婦人科の役割も同じように大切です。

妊娠しても安定期に入るまでは流産の可能性があるので、妊婦は食事に気をつけたり体をケアする必要があります。そういった妊婦に関わる大事な仕事を任されるのが産婦人科のクリニックです。エコーで赤ん坊の様子を見たりしてして様々なアドバイスを妊婦に与え、出産の時まで赤ちゃんが守られるように気を配ります。最近は、仕事に対してやりがいを求める時代になっており、看護師の間でも産婦人科の魅力を知って希望する人が増えてきています。産婦人科の魅力には、命の誕生と真剣に向き合うことができること、そしてそこに喜びや感動が多く味わうチャンスがあることが挙げられます。

産婦人科の魅力を知って働いている人は、これまで生まれてきた赤ちゃんに対して大きな役割を果たしているので、仕事に対してのモチベーションが高いことで有名です。赤ちゃんは妊婦だけでなく、病院で働いている全ての人たちの助けによってこの世に誕生するのです。


産婦人科で働くことの魅力について

人が誕生する瞬間というのは、神秘的な魅力があります。そうして昔から繰り返されたきたからこそ人々はその数を増やし、文明を築いて豊かな生活を手に入れました。それは決して当たり前のことではなく、先人たちがしっかりと命のバトンを渡してきたからこそです。

それに対して深い感銘を受けている医療関係者ならば、産婦人科の魅力については重々わかっているはずです。医療業界の花形は内科外科だとよくいわれていて、産婦人科を選択する医師や看護師は少ないのかもしれません。しかし、内科外科と同じくらいかあるいはそれ以上に産婦人科は必要とされていて、そこでいろいろと経験をすればそれは決して無駄にならないです。

たとえ出産を滞りなく行いたいと思っている妊婦がいたとしても、産婦人科が少なくて出産に不安があるという女性は少なくないです。ですから、産婦人科を少しでも増やしていくことはそれだけで出生率を上げるための手助けになりますし、そこが産婦人科の魅力の一つといえます。

また、産婦人科に勤めれば自ずと出産に立ち会えるわけですから、人が誕生する瞬間を目の当たりにできます。医療行為にあたっているときはそんなふうに考える余裕はないのかもしれませんが、それでも医療関係者としてのやりがいを感じられる瞬間であることに違いはないです。特に女性の看護師ならば出産に対しての思い入れはかなり強いでしょうし、実際に出産する妊婦の気持ちも自分が経験していれば痛いくらいわかるはずです。そうして気持ちを妊婦と同じにして働けることはかなり心揺さぶられることでしょうし、だからこそ無事に出産を終わらせたいという思いを強く持って働くことができるはずです。

産婦人科は人手不足と聞きますから決して楽な仕事ではないのかもしれませんが、その分上手く出産できたときの喜びは大きくなります。ですので、そうしたところが産婦人科の魅力ですし、それをプラスだと思えるのならぜひとも働いたほうが良いです。