2016年01月 一覧

産婦人科の魅力が強いから続けられる

産婦人科は圧倒的に女性の医師やスタッフが多い科ですね。もちろん男性のスタッフもいますが。他の科と比べるとどうしても女性多めになるんでしょうね。女性にとっての出産ということは大きな関心事だし、女性が選択することが多いのはよくわかります。出産というかなり特殊な出来事、またおめでたい瞬間に立ち会えるということで希望する医師や看護師、スタッフが多いようです。産婦人科の魅力って大きいんでしょう。

産婦人科は周産期医療、不妊治療など幅広く学べるので選ぶ人もいますね。外科的要素、内科的要素、精神科的要素などいろんな分野の要素が組み合わさった分野なのでその分野で挑みたいという意欲的なスタッフもいますね。新しい命の誕生にかかわることができる、母親や家族のサポートをしていくことにやりがいを感じる、といった点が産婦人科の魅力ですね。

もちろん仕事は結構ハードで大変らしいので甘い考えでは続かないでしょうね。もっと楽な仕事がいいとか当直のすくない科がいいとかいう声ももちろんありますよ。ただやはり出産の感動や赤ちゃんを抱っこしているお母さん、お父さんの姿を見ているとやりがいがあるからまた頑張ろう、もっと勉強しよう、みたいに思うんでしょうね。真面目な人たちですね。献身的な人たちがいないと成り立たないでしょうね。

もちろん幸運、幸福な出産ばかりではなくて、流産や死産もあるし、先天的な異常がお子さんに見つかったときの親御さんのショックを支えないといけないし、自分自身が落ち込むこともあるし、気持ちを切り替えて仕事に臨むのが大変なときもありえます。仕事はハードだし責任は重たいけど、やりがいや意義の大きさに惹かれて産婦人科を選択するようですね。患者として産婦人科を選ぶんだったら、よく検討してからでないとヘンな病院だと本当に大変なので周囲の評判とか病院の設備とかよく検討してから選ぶほうがいいでしょうね。産婦人科の魅力でどれだけ持ちこたえられるのかわかんないですしね。


産婦人科の魅力は他の科とは多少異なります。

看護師は人の役に立つ非常にやりがいがある仕事なので魅力的に感じる人が多いのではないでしょうか。どの科に配属されても人の手助けをするということに変わりはありません。基本的には病気の患者さんの手助けをするのですが産婦人科に限っては少し違ってきます。産婦人科の魅力は何といっても、新しい命の誕生を手助けすることができることです。病気の患者さんが元気になっていく姿を間近で見られるのも嬉しいことですが、それに負けず劣らず新しい命の誕生を見ることができるのは喜ばしいことです。

産婦人科の魅力を惹かれて産婦人科の看護師を目指す人が年々増えています。仕事の大変さはどこに配属されても大きく変わりませんが、産婦人科は残業が比較的少なくプライベートも充実しやすくなります。また残業が少ないので結婚後も働きやすい環境と言えます。このように働きやすい環境が産婦人科の魅力の一つなのかもしれません。産婦人科の看護師は基本的に女性になります。同じ女性なので妊婦さんの気持ちが分かるのも働きやすい要因ではないでしょうか。他の配属先では病気を理解しているつもりでも実際に体験していないので本当の辛さは分かりません。しかし産婦人科は出産経験がある看護師では気持ちを完全に理解することができます。

また出産経験のない若い看護師でも今後出産する可能性が高いので、妊婦さんの気持ちを理解しやすいのです。やはり相手の気持ちを理解することで適格な看護ができ、達成した時の喜びは倍増します。多くの看護師は無事に出産を終えると自分のことのように喜んでいます。明るい気持ちになれるのも産婦人科の魅力です。しかし頻度は少ないですが無事に出産できないケースもあります。このような時は自分のことのように悲しい気持ちになります。そして2度とこのような体験をしないように努力し日々成長します。必ずしも無事に出産できるとは限らないので新しい命が無事に誕生した瞬間は喜びが大きいのです。病気と同じでどんなに看護師や医師が努力をしても良い結果になるとは限りません。それでも努力するのが看護師なのです。


産婦人科は生まれる命を見ることができる喜びの場所

産婦人科の仕事と言うのはとても崇高な仕事ですよね。なんと言っても命の誕生に立ち会うことができるのですからとてもやりがいのある仕事と言うことがいえるのです。ですから、とても大変な仕事ではありますがとても大事な仕事でもあるのです。

産婦人科の仕事と言うのはとても幸せに満ち溢れた仕事でもあるのです。やはり、命の誕生もありますが、その他にも出産したお母さんや周りの人たちと言った、沢山の笑顔を見ることができるからです。お見舞いであまり笑顔を見ると言うことは他の科ではありませんよね。ですから、産婦人科で働くと言うことは笑顔に囲まれた仕事だとい言うことが言えるのです。

また、自分の働いている産婦人科で生まれた子供が将来結婚して子供を産むとなったとき、もしかしてまた自分が働いている病院に来るということも考えられますよね。それもまた感慨深いと言えます。そのように、いろいろとうれしいことや喜びに満ち溢れた産婦人科ですから、働く時にもやりがいを感じることと言うのは沢山あるものです。

自分も嬉しいし、患者さんも嬉しいと言うのはそうそうありません。ですから、やはり喜びいっぱいの場所で仕事ができると言うのはとても幸せなことだと言うことが言えます。確かに、覚えなければいけないことは沢山ありますし、慣れるまではとても大変だと思いますが、でも一度覚えてしまえばきっと誰よりも頼もしい看護師として患者さんからも信頼される看護師になれることでしょう。

何事も経験です。つらいことも苦しいことも、一度赤ちゃんの顔を見ると忘れてしまうことでしょう。やはり、赤ちゃんが生まれてくる神聖な職場と言うのは何にも変えがたい場所であることは間違いありません。そんなところで働くことができる看護師という仕事はとても大切で、やりがいのある仕事と言うことがいえますね。
生まれる命の幸せを祈りながら毎日働くことができると言うのはとても素敵な仕事です。 


時代とともに変わっていく病院数と問題

今の日本の人口比率は高齢者が多くなり、若年層が少なくなっていく逆ピラミッド型になっており、この傾向はずっと続くと考えられています。少産少死の時代になり、高齢者を支える若年世代の人口が減って年金、医療、介護が難しくなってきているというニュースを耳が痛くなるほど聞く状況です。

そんな状況を反映してか、病院の数や扱っている診療科の数も変わってきています。認知症高齢者が多くなってきているニーズに対応して精神科、美容整形をしたいと考えている人が増えていることから整形外科は増えてきていますが、子供を産むための環境づくりが整われていない状況から産婦人科は減少傾向にあると言われています。時代の需要に対応しているからいいのではと考えてしまいがちですが、このままでは大きな問題になると警鐘を鳴らします。

産婦人科の数が減ると特に地方では、子供を産みたくても産める環境が出来ないということになるからです。産婦人科の数が減ると、例えば予約を取りたくてもいっぱいで取れない場合は近くの産婦人科が無いので何十キロも離れた隣町の病院へ行くということにもなります。出来ることなら、安心して病院で無事出産が出来ればと考えている人がいるいうニーズに対応できないということになります。

そんな状況が来ていることから、子供が産める環境づくりに力を入れてほしいと考えています。子供の数が減ると、年金、医療などの社会保障制度の崩壊につながるだけでなく、経済活動にも影響を及ぼすため高齢者対策ももとより子育て、育児、出産などの分野に投資をしていく必要があると考えています。医学部を卒業した学生に、子供を産むために産婦人科になることを希望する学生には奨学金を出したりするなどの何らかのバックアップが出来る環境を作るべきです。

また、地方の医師不足を解消するためにも地方での勤務を希望する学生に対して補助金を出すなどの政策も必要ではないかと考えています。安心して子供が育てられる環境を作れることにも目を向けてほしいです。


産婦人科を希望する看護師が増えています。

最近は看護師を目指す人がかなり増えてきました。そして早い段階から希望の配属先がある人もいます。もちろん他の会社と同様に全てが希望通りになるとは限りません。

人気の配属先は内科や外科になりますが、ここ数年は産婦人科を希望する看護師も多いようです。基本的な仕事内容はどこに配属されても同じですが、部署により特有な仕事もあります。
その中でも産婦人科は他の部署とはかなり異なる仕事内容になります。出産という新たな命の誕生を手助けするわけですからやりがいという点では非常に大きいものがあります。
それに自分自身が今後出産を経験する可能性が高いわけで、それを間近で見ることができるのは自分の出産の時にも役に立ちます。

そして産婦人科の病室は他の科の病室に比べて明るいのも働きやすい環境と言えます。しかしながら残念な結果で終わる出産も少なからずありますので確り配慮する必要はあります。
さらに病室の雰囲気だけではなく食事も他の科とは大きく異なります。病人ではないので食事に制限はありません。今は病院選びの重要な要素として食事のメニューが挙げられておりどこの病院も食事は豪華なものになっています。高級レストランと言っては大げさかもしれませんが毎日の食事メニューを見るのも楽しみのようです。

しかしながら見るだけで食べたことはないので味は分からないようです。患者さんの話を聞く限りかなり美味しいようです。食事というのはテレビ番組でもあるように実際に食べなくても見るだけで楽しいものです。
他の科の食事はお世辞にも美味しいとは言えません。それでも入院中は食事が唯一の楽しみですし、確り栄養管理をして朝早くから食事を作ってくださる方々に感謝をしながら食べている患者さんも多いものです。
患者さんは看護師や医師にも常に感謝をしているものです。産婦人科の看護師も当たり前のことをしているだけですが、それでも感謝の気持ちが伝わると嬉しいしやりがいがあります。
このように楽しく仕事ができ非常にやりがいがあるので人気の配属先なのです。


看護師として特殊なスキルが必要な訳ではないです

当たり前と思うかもしれませんが、もし産婦人科で働きたいと思っているのならば、その希望を予め伝えておくようにしましょう。そうしないと、全て相手側の都合で決められてしまうかも知れません。相手には何らの非もありません。その事を伝えなかった方がむしろ問題だと言えるでしょう。

新しい命に立ち会える場所はここしかありません。例外としては自宅で出産を希望した場合ですが、まだこちらの方は一般的ではないんですね。全体の9割以上は病院で出産するという現状がありますから、それに関わりたいと思うのならば、選択肢は事実上ここしかないと言っても過言ではありません。

看護師に求められる特別な技術は特にありません。つまり他の診療科と同じなんですね。ただ、勤務する時間が不規則になるというのはあります。何時に生まれるかは調整できる事ではありませんからね。真夜中の2時3時というのも当たり前になるのです。その時にもう疲れたからとか眠りたいという理由で、持ち場を離れるなんて事は当然ながらできません。

あえて言うなら、産婦人科を希望する看護師は精神的な強さが求められます。生まれて来る命が必ずしも生きているとは言い切れないからです。つまり死産という事もあるんですね。その時に一々過剰に驚いだりしてはいけません。そうすると仕事に支障が出てしまうからです。そういう事も普通にあるという現実を冷静に受け止めて前進しなくてはいけないのです。

大変な面もある産婦人科ですが、やはり困難をくぐりぬけて生まれてきた命を目の当たりにするとそれまでの苦労も報われるはずです。自分が出産した訳ではないのですが、気分的にはそれに近い物になるんですね。

自分自身が将来的に出産する事を考えているのなら、それを疑似体験できる場としても活かせるはずです。看護師として日々出産の様子を見れば、こういうものなんだという理解も深まり、冷静に子どもを産む事ができる様になるはずです。


残念なことに看護士の世界でもイジメがあります

テレビなんかで小中学生のイジメが特集されたりする訳ですけど、これは子どもの間だけの事ではないですよね。人のために頑張っているはずの看護師の世界ですら、こういう事があったりします。ターゲットになるのは、やはり一番立場の弱い人間でしょう。これは子どもたちの場合と共通しているかと思います。そうなれば自然と職場にい辛くなる訳でして、その人が仕事を辞めたいと言い出すのも時間の問題という事になります。

一旦この様な状況に陥ってしまった場合、状況を逆転するのは極めて難しいかと思います。学校ですと先生に言えばある程度はどうにかなるのですが、ここでは皆が同じ様な立場ですから上の立場の人間に仲裁を頼むのが難しいのです。仮にあなたがそう訴えた所で、相手側がそのつもりが無いと言い張ればそれまでになってしまうのでしょう。

他の対処としては、勤務する場所を変えてもらうというのもあります。これは大きな病院でなければ困難かと思うのですが、その場合に限っては有効になるでしょう。小さいクリニックや病院しか見た事が無いという看護士さんは分からないかもしれませんが、大きな病院というのは東京ドーム何個分みたいな所が結構ありますから、離れた場所にいると一度も顔を合わさないで済む事が多いのです。

仕事を辞めたいという時は、この様な方法が無いかどうかを確認しておくべきです。まずそこで働くのを辞めて、丸っきり別の場所で働けばいいと言うのは簡単ですけど、実際再就職をするのは手間が掛かる行為なのです。可能であればという前提がありますが、同じ場所で働き続けた方が楽でしょう。

看護師にとって仕事を辞めたいという思いは職業病みたいなもので、切っても切れないものだと思います。イジメをする大人たちはどこにでもいるので、この悩みが完全に消え去る事は無いかもしれません。しかし、イジメ好きな人がいる一方で、絵に描いたような善人がいるのも確かですから絶望する必要もありません。


看護師を辞めたいという気持ちに素直になりましょう

仕事を辞めたいというのは誰しもが考える事ですが、看護師は特にそうかもしれません。勤務時間が交代制だったりして不規則になりがちなのです。確かに夜中の勤務は給料も良いのですが、その代わりプライベートな時間を失う事になってしまいます。夜眠れないのだから当然ながら寝るのは日中という事になります。そうなると時間感覚が狂って、健康上問題が出てくる可能性もあるのです。実際体調を崩したという看護師も大勢いるのでしょう。

いえ、私は健康そのものですから、そんな事になりませんという感じでしょうか。確かにそうかも知れませんが、時間を犠牲にしている事は認めざるを得ないはずです。年頃の女性ともなると、彼氏と一緒にどこかにデートにでも行きたいと考えるものですが、それもかなり難しくなってしまいます。合間の時間を見つけて、何とかという感じでしょうか。しかし、その様な無理をした関係だと長続きしなくなってしまいます。もし看護師では無くて、それ以外の仕事だったらこんな事にはならなかったのにという愚痴が聞こえてきそうです。

あなたが看護師の仕事を辞めたいと思ったのなら、それを実行する事をお勧めします。嫌々やっていては患者さんに対しても失礼でしょうし、自分にとっても良くありません。後になってもう一度やりたくなったら、復帰すればいいだけの話です。別につらい状況で耐え続ける事が素晴らしいという訳ではないのです。

仕事を辞めたいと考え始めているのなら、それは既に自分自身のSOSなのです。それを受け入れた方が良いのではと思えてなりません。ただ、一時的な体調不良という可能性もあるので、1ヶ月くらいは様子を見ても良いでしょう。それでも改善の兆しが無いとなると、その時は一旦離職する事を検討しましょう。大好きな人と過ごす時間を確保できれば心にも余裕が生まれるはずです。とにかくまずは休む事、それを意識すべきでしょう。自分の健康を大切にする事を軽視してはいけません。


看護師になりたい人の動機

看護師と聞くと、人それぞれイメージが異なる事でしょう。しかし、白衣の天使や聖女のように病人を介抱するイメージは少ないかもしれません。むしろどちらかというと、肉体労働、夜勤、汚いといったマイナスに近いイメージがあるかもしれません。それでも看護師になりたい人は今でも多くおり、看護師は高い人気を誇る職業です。では一体何が人々を惹き付けるのでしょうか。

看護師になりたい動機のNo1は給料でした。看護師になる事は簡単ではありません。しかしその価値は十分にあります。資格を取得すると、その給料は他の一般職業よりも飛びぬけています。またパートタイムの看護師の需要も多くあり、時給も高単価となっています。結婚、出産を経て、正社員からパートタイムへと仕事形態をシフトする女性も多くおり、高時給の看護師は大きな魅力となっています。

次いで看護師になりたい動機は、人を助ける仕事がしたいという点でした。現代における仕事の意味合いは、一昔前と大きく異なっています。以前は終身雇用が当たり前、仕事は人生の中心で、家族のために必死で行うものでした。しかし近年そうした流れは大きく変化してきています。仕事は人生の一部にすぎず、生計の手段であるという見方です。そして仕事にやりがいを求める人々も多くいます。仕事を通して自分の存在価値を認め、日々の生活を有意義に送ることが出来るからです。こうした点で看護師は、人を助け人から感謝される、まさに最前線の職業と言えるでしょう。仕事から働く喜びを味わう事が出来るのです。

給料、人を助ける仕事という2つが、看護師になりたい動機のトップ2でした。他にも人それぞれ様々な動機がある事でしょう。看護師の需要はこれからもますます拡大していくと思われます。少子高齢化が進み、高齢化に伴い医療福祉の必要が大きくあるからです。看護師という仕事を通して、やりがい、生きがいを見つける事も出来ますし、医療に関する専門的な知識、技術を身につける事も出来ます。これからも引き続き多くの人が看護しを目指してゆく事でしょう。


産婦人科の上手な選び方

妊娠出産や婦人科系の病気の際にお世話になる機会が多い産婦人科ですが、多くの女性にとって良い産婦人科のクリニックを見つけることは意外にも至難の技のようです。初めて産婦人科に通おうと思った時に、果たしてどこの病院を選べば良いのかということになりますが、自分のニーズにぴったりの産婦人科を見つけるポイントを考えてみましょう。

産婦人科は自宅の周辺に、簡単に見つけることができると思いますが、もちろん通いやすさを考えると自宅から近ければ近いほど便利であることは間違いありません。しかし、最終的にどの病院にお世話になるかを絞り込む際には、それなりの下調べをじっくりしてから決めることが望ましいでしょう。

一番良い情報源としては、ご近所で産婦人科に通っている方から実際のクリニック内が清潔かどうかなどの雰囲気や医師や看護師の対応について、的確な診断を下してくれるかどうかについての細かいチェックポイントを教えてもらうのがベストです。実際に通っている方の生の声が一番信頼度が高く参考にしやすいというのが、その理由です。

そして次に活用度が高いのがネットの口コミ情報です。地域の病院の情報を集めたサイトは探してみると結構たくさん見つけることができます。これらのサイトを最大限に活用することによってより独自の特徴などの情報収集をすることが可能なのです。

最後に、おすすめなのが実際に目星をつけたクリニックのホームページを熟読することです。ホームページには診療時間や住所といった基本的情報のほかに、院長の挨拶、治療方針なども読むことができるので、こういったところを読み比べることで病院の患者にたいしてのスタンスなどを読み取ることができるのです。

これらのポイントを照らし合わせた上で自分にぴったりのクリニックを見つけることが可能になってきます。実際に診療を受けてみて何かが違うと思えば、早めに違う産婦人科に転院してもよいので、納得するまで諦めずに最適なクリニックを探すことをおすすめします。


1 2